映画 3月のライオンあらすじネタバレは?実写出演キャストは?

映画

皆さんは漫画やアニメの実写化映画は見ますか?原作を知っているからこそ実写化というのはかなり高いハードルのように感じてしまいます。私も思い描いていた像とは少し違った映像演出にショックを受けたことがあります。

ですが、最近では原作の魅力も充分組み込まれながらも新しい形で展開し、話題となる実写化映画も増えてきました。今回はその中でも羽海野チカさんの作品『3月のライオン』の実写化映画について詳しく調べていきたいと思います。実写化にはかなり重要なキャスト情報やその物語の内容など深掘りしていきたいと思います!

スポンサーリンク

映画 3月のライオン あらすじネタバレは?

主人公の桐山零は、幼い頃に不慮の事故で家族を失い、父の友人である棋士・幸田柾近に引き取られました。幸田は零の将棋の才能を見抜き可愛がりますが、そんな様子を家族は嫌がり反抗的な態度を取るようになります。その事実に気づいた零は、いち早く独立するためにプロ棋士を目指すようになります。そして史上5人目となる中学生プロ棋士に。プロ棋士になるという目標が叶えられましたが、新しい目標も見つからず、1年遅れで編入した高校でも友達が出来ずに、ただただ将棋を指し続ける日々が続いていきました。

そんなある日、体調を崩し道端で倒れていた零に、川村あかりが助けてくれました。彼女は零の暮らす町の川の向こう側で暮らしていた3姉妹の長女。そのまま、川本家で看病されることになった零は、川本家の次女・川本ひなたや三女・川本モモ、そして祖父の川本相米二とも出会い、交流が始まりました。川本家の暖かく賑やかな食卓を通して自分の居場所を少しずつ見出してきた零。

ある時偶然、義理の姉・幸田香子と再開します。香子は元々はプロ棋士を目指していましたが、零に敗れ棋士である父・幸田柾近にその夢を諦めさせられていました。さらにそれが原因となって父との距離ができてしまい、最近は家にも帰っていないという香子。その後、再び出会った香子が妻帯者・後藤正宗と共にいるところを目撃してしまいます。零は後藤に「家族を大事に出来ない人間は最低です」と抗議しますが、後藤に顔を殴られてしまいます。

しかし、零は一歩も引かず、獅子王戦で自分が後藤に勝ったら、香子を家に帰らせるという約束をしてもらうことになりました。零は徹底的に後藤の将棋を調べ始めます。ですが、後藤と対戦するのは少し先で島田開との対局を疎かにしていました。

島田は、A級棋士で後藤もライバルと認める強敵で、零は劣勢に立たされます。そこで島田をサブキャラ扱いしていたことに気が付き、自身を恥じます。そんな零の気持ちまで知った上で冷静に対局を重ねた島田に零は破れてしまいます。香子が訪ねてきたものの、未だ心の溝は埋まらないままでした。

同じ頃、若手棋士の登竜門でもある新人王戦のトーナメントが行われていました。零は順調に勝ち進め、幼少期から対局を重ねた二海堂も順調にコマを進めていました。準決勝でも見事勝利した零。一方で二海堂は対局中に倒れてしまい不戦敗となってしまいました。

幼少期から難病を患っていた二海堂にとって長期戦はかなり苦手で、対戦相手の山崎はわざと千日手に持ち込み勝負を長引かせ二海堂の体力を奪っていたのです。山崎のやり方に強い憤りを感じ、つい感情的にコマを進めますが、二海堂の「自分をもっと大切にしろ!」という言葉を思い出し、冷静に一手を指し始めます。そしてついに新人王のタイトルを獲得します。零の初タイトル獲得に大勢の人が喜び、いつもは冷たい香子まで祝電の電話をくれました。

そんな勝利を手にした零ですが、獅子王戦の行方とは・・・?

実写出演キャストは?

話を読んだだけでもかなり吸い込まれてしまうストーリーですよね。将棋に関してはほぼ無知の私でも話にどっぷりと浸かってしまいます。
さて、次は気になるキャストを見ていきたいと思います。

●桐山零  神木隆之介さん
●幸田香子  有村架純さん
●川本あかり  倉科カナさん
●二海堂晴信  染谷将太さん
●川本ひなた  清原果耶さん
●島田開  佐々木蔵之介さん
●川本相米二  前田吟さん
●幸田柾近  豊川悦司さん
●後藤正宗  伊藤英明さん

かなり豪華なキャスティングですよね。主演の神木隆之介さんは、原作ファンでも納得してしまうほどのハマり役だという声が多いようです。中学生でプロ棋士となった零ですが、心に闇を抱えた姿も・・・。若い世代でこの役を演じきれるのは神木隆之介さんしかいないというほどの実力派俳優の1人です。

また原作ではかなり人気のあるキャラクター・二海堂にはなんと特殊メイクを施した染谷さんが!!二海堂そのままを見ているような優しさと情熱を持った男を演じてくれています。他にもネット上でキャスティングが熱望されていた佐々木蔵之介さんは「ご期待に応えられるか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります」とコメントしていましたが、そんな不安を感じさせない圧巻の演技を見せつけてくれました。

原作者の羽海野チカさんも島田のキャラ設定をする時には佐々木蔵之介さんの顔を思い浮かべながら描いたそうです。これは佐々木さん以外は考えられませんよね。どのキャストさんも原作を超えるような演技力で映画に吸い込まれてしまいます!

スポンサーリンク

まとめ

今回は『3月のライオン』実写化のお話を紹介しました。見れなかったという人も動画配信サービスで見れるので時間がある時にチェックしてみてはいかがでしょうか?将棋から繋がる人間関係。深い人間ストーリーに将棋が分からなくても楽しめること間違いなしです

コメント

タイトルとURLをコピーしました