その女、ジルバ第6話ロケ地ひなぎく初恋の人に会いに行った寺やスミレ石動並んで歩く歩道橋は?

ドラマ

1月9日よりフジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送中の、池脇千鶴さん主演ドラマ「その女、ジルバ」。

スミレへのリストラ話が浮上する中、自身の人生を見つめ直したみかが、東京を去り故郷へ帰ることを選びました。旅立つみかの決意には、胸が熱くなりましたね。

こうして、1人かけた3人娘。季節はクリスマス。年末の忙しさもある中、「OLD JACK&ROSE」を舞台に、スミレと新の運命を大きく変える出来事が待っていたようです。

その出来事とは一体どんなものだったのでしょうか。視聴後の感想と共にご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

その女、ジルバ 第6話予告 あらすじ


年末の繁忙期になり、新(池脇千鶴)が働く倉庫は大忙し。みか(真飛聖)が辞めて、シジュー3人娘の1人が欠けてしまった感傷に浸る間もなく、新とスミレ(江口のりこ)は慌ただしい毎日を送っていた。遅めの昼休みを取りながら、今は島根の実家でのんびり暮らすみかに思いをはせる2人。その手には、みかが送ってくれた出雲大社のお守りがあった。 出雲大社といえば、そう、縁結びの神様…。

一方、BAR「OLD JACK&ROSE」では、毎年恒例のクリスマスパーティーの準備が進んでいた。くじらママ(草笛光子)や、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)らがツリーを飾っている中で、エリー(中田喜子)は大切な常連客へのプレゼントの準備に悪戦苦闘。不器用なエリーを先輩ホステスたちが手助けしている、そんな姿も年末の風物詩だ。
客の中では、石動(水澤紳吾)がなぜかソワソワ。どうやら意中の相手に告白の準備…?

「え。私に?マジ。ウソだ…」
新からクリスマスパーティー招待のチラシをもらい、独り身に慣れ切ったスミレは思わず感動。ウキウキのスミレの様子を我がことのようにうれしく思いながら、少し前まで落ち込んでいた自分が驚くほど軽やかに生きていることを実感する新だった。

そして迎えたクリスマスパーティ当日。テーブルにはクリスマス料理やケーキが並び、ホステスたちや幸吉(品川徹)がクリスマス仕様のコスプレで客を迎える。そこにはちょっとオシャレしたスミレや、石動ら常連客の姿も。そして突然店を訪れた、ナゾの男…。 「OLD JACK&ROSE」のクリスマスは奇跡が起きる…聖夜は恋が始まる予感!

<引用>その女、ジルバ 公式

スポンサーリンク

その女、ジルバ 第6話ロケ地は?

青蓮寺 東京都板橋区成増4-36-2

ヒナギクが初恋相手である亡き義兄の元へと駆け付けた寺院

成増東歩道橋 東京都板橋区成増3-1

「OLD JACK&ROSE」を後にした石動とスミレが歩いていた歩道橋

スポンサーリンク

その女、ジルバ 第6話撮影協力一覧(エンドロール)

新日本工業株式会社 株式会社リゾン 青蓮寺 赤羽一番街商店街振興組合

その女、ジルバ 第6話感想

みかが退職し、2人になった屋上の昼食シーン。寂しさを感じたのも束の間、前園も加わりまた新たな関係性が見えた気がしましたね。

愛妻がいるにもかかわらず、未練がありそうな前園に対し、ここのところの環境の変化でようやく吹っ切れたような新の態度には、思わず笑ってしまいました。

クリスマスも近づき、「OLD JACK&ROSE」でもパーティの準備が進む中、不器用ながらも心をこめてセーターを編むエリーは、まるで少女のようでしたね。エリーの恋を応援するためにと協力できる関係性、素敵ですよね。

「OLD JACK&ROSE」でのクリスマスは不思議なことが起きる。その言葉の通り、不思議なことの連続でしたね。

中でも、一番の驚きはスミレと石動の恋でした。アララにプレゼントの探りを入れるシーンから、石動のお目当てはてっきりアララだと思っていました。でも、いざ花を渡すという場面で、渡した相手はスミレ。

アララに渡せなかったのは、直前で舞い込んだ謎の客人のせいだったのかもしれません。でも、これまでのお話の中でもスミレとの息があった描写もあったので、もしかしたらこれは運命だったのかもしれない。

帰り道の2人のシーン、大人の2人なはずなのに、とっても初々しく、この先の未来を温かく見守ってあげたいという想いでいっぱいになりました。出雲大社のお守り、ご利益凄いですね。

愛した人への最期のお別れに向かうひなぎくの、少女のような恋心。ジルバママとマスターのかつての恋。現世では叶うことのなかったであろう2組の想いが、来世では叶うことを願いたいですね。

それにしても、花束を抱えて突然やってきたあの男性、一体何者なのでしょうか。これもお守りのご利益なのか、この続きが楽しみです。

その女、ジルバ 第7話予告 あらすじ


大晦日、BAR「OLD JACK&ROSE」で大掃除をしていた新(池脇千鶴)の前に現れた白浜(竹財輝之助)。クリスマスの夜、閉店間際に店を訪れ、新に花束を渡して立ち去ったあのイケメンであった。

「ジルバは死んだよ…」幸吉(品川徹)が告げる。
ジルバの写真に手を合わせた後、白浜は語り始めた。ブラジル育ちの白浜は、現地で出会ったある男に「日本に戻ったらジルバに会いに行け」と言われ、かつてジルバを訪ねた。しかしジルバは突然取り乱し、白浜を追い返したのだという。
「どうしてあの時…あんなに」白浜が話したその時、店にふらりと真知(中尾ミエ)が現れる。仕事が終わったので幸吉と一杯やろうと立ち寄ったのだという。
白浜に尋ねられるがままに真知が語り始めたジルバの過去。それは、かつて地球の裏側で起きた悲劇の物語だった…。

年が変わり1月、新は故郷・福島へ帰ってきた。弟・光(金井浩人)のカフェのオープンを応援するためだ。大盛況の店内で、早速手伝い始める新。
そして新が実家に帰ってきたのには、もう一つ目的があった。
職場の異動、バーでのバイト…ずっと両親に言えずに逃げてきたことに、いよいよ決着をつける時が来たのだ。

<引用>その女、ジルバ 公式

その女、ジルバ 今すぐ無料で見る

「その女、ジルバ」を今すぐ無料で見れるのは、
フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」です。
第一話から最新話までフル動画で配信されています。
今すぐ お試し
「FODプレミアム」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。

「その女、ジルバ」の原作漫画をお得に読む方法

「その女、ジルバ」の原作漫画は、「ビッグコミックオリジナル増刊号」(小学館)にて2011年7月増刊号から2018年9月増刊号まで連載『その女、ジルバ』(有間しのぶ)です。U-NEXTだと2冊無料で読むことができます。お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、全部読むことができますね。

今すぐ 無料おためし

その女、ジルバ第1話ロケ地新が自転車で走る商店街、老婆助けた公園、故郷の駅は?
フジテレビ系土曜深夜ドラマ「オトナの土ドラ」が2021年1月期に送るのは、池脇千鶴さん主演の「その女、ジルバ」です。 原作は「ビックコミックオリジナル増刊号」にて2011年から連載され、第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した、有間...
その女、ジルバ第2話ロケ地新勤務する物流センター、出退勤時通る川沿いの道は?
有間しのぶさんの同名コミックを原作としたドラマ「その女、ジルバ」。 誕生日を祝う相手もいない、おしゃれに気を遣うこともない、そんな40歳の独身女性・新を演じる池脇千鶴さん。 いわゆる“中年女性”というイメージそのものである様子に...
その女、ジルバ第3話ロケ地エリーの暮らす高齢者住宅、新の出向先物流センターは?
「大人に向けた本格派ドラマ」というコンセプトに基づき、土曜の深夜にフジテレビ系で放送されているドラマ「その女、ジルバ」。 第1話での新は、結婚直前で相手の男に裏切られ、自信もないままに出向先での業務をこなすだけの地味な女性でした。 ...
その女、ジルバ第4話ロケ地リストラ話進行中?!新の出向先第一物流センターはどこ?
2021年1月期、フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送中のドラマ「その女、ジルバ」。 池脇千鶴さんが演じる新という女性は、ドラマでよく見るような煌びやかな40歳女性ではなく、無造作なファッションに若干丸みを帯びたような顔つきという、...
その女、ジルバ第5話ロケ地スミレが佇む橋や島根に帰るみかが歩いていた橋は?
池脇千鶴さん主演でおくる、フジテレビ系ドラマ「その女、ジルバ」。 池脇さんが演じる新というアラフォー女性の姿は、同年代の視聴者にとって共感の持てるものであることから、今期ドラマの中でも注目度の高い作品となっています。 また、第1...

コメント

タイトルとURLをコピーしました