映画夏への扉あらすじネタバレは?撮影ロケ地はどこ?撮影時期は?

映画

大きな反響を呼んだアメリカのSF作家ロバート・A・ハインライン作の「夏への扉」が映画化されます。

映画夏への扉のあらすじネタバレはどのようなものなのでしょうか。また、夏への扉はどこで撮影ロケを行い、撮影時期はいつなのでしょうか。

この記事では、夏への扉のあらすじネタバレをご紹介し、撮影ロケ地がどこなのかということや撮影時期についてもまとめていきます。最後までお読みいただけると幸いです。

映画夏への扉あらすじネタバレは?撮影ロケ地はどこ?撮影時期は?
米国の小説家ロバート・A・ハインラインが1956年に発表し、世界中で人気のあるSF小説「夏への扉」が、舞台を日本・東京に変えて実写映画化され、近日公開されることが分かりました。最初は2021年2月19日に公開予定でしたが、新型コロナウイルス...
映画 夏への扉 試写会舞台挨拶は?公開延期今後の公開はいつになる?
今年に入り、また自粛ムードが世界各地に広がっていますね・・・。コロナを乗り越える為にはしょうがないと思いつつも、おうち時間が大事になってきました。昨年はタイミングが良かったこともあり、映画『鬼滅の刃 無限列車編』が大記録を叩き出しましたよね...
スポンサーリンク

映画夏への扉あらすじネタバレは?

小説が執筆された段階では、はるか未来のことであった1995年の東京が舞台となっています。

科学者である高倉宗一郎(山崎賢人)は、大変な才能を持った、とても優秀な科学者であり、宗一郎自身も心から尊敬していた、今はもう亡くなってしまった父親の親友であった松下の念願であり、宗一郎が遺志を継いで開発していたプラズマ蓄電池や実用化ロボットが、ついに完成しようとするのを目前にした状態になり、研究に没頭して完成を楽しみにしていました。

松下の娘である璃子(清原果耶)や、かわいらしい愛すべき猫であるピートとの仲むつまじく落ち着いた穏やかな時間が流れる毎日の中で、宗一郎は、完成がもはや秒読みの段階に入ったプラズマ蓄電池や実用化ロボットの研究に没頭していました。

しかし、そんなある日、宗一郎は、信頼を置いていた共同経営者の裏切りにあってしまい、罠にはめられ、会社だけではなく自ら熱心にかかわっていた研究成果である蓄電池やロボットなどの全てを奪われてしまい、コールドスリープさせられてしまいます。

コールドスリープとは、宇宙船での惑星間移動などに用いられる手段であり、人体を低い温度の状態で保ち、目的とする場所までの移動の間、とても長い時間が経ってしまうことによる人間の老化を止めるための手段です。移動の他にも、老化しないままで未来へ行くための一方通行のタイムトラベルをする方法としても用いられるものです。

そして、コールドスリープから宗一郎が目を覚ました時は30年後の2025年の東京でした。すでに璃子やピートが亡くなってしまったことを知り、すべてをなくしてしまったことで力を落とす宗一郎でした。 そうではありましたが、ヒューマノイドロボットとPETE(ピート)(藤木直人)の助けを借りて、ねじ曲げられ、奪われてしまった30年を取り戻すため、復讐することを決意するのでした。

スポンサーリンク

撮影ロケ地はどこ?撮影時期は?

1995年から2025年と近い過去と未来を往復することになる夏への扉ですが、このような複雑な設定のロケをどこで行ったのでしょうか。小説の原作は1970年のロサンゼルスですから、全く想像がつかないような感じがしてきます。

ロケ地の情報はなかなか出てこなかったのですが、1995年のシーンは東京都の江東区で撮影されたというのが確かなところのようです。同じように、2025年のシーンも東京都江東区で撮影されたということのようです。それにしてもこの30年の時代のギャップをどのように表現したのかについては大変興味のわくところです。同じところで撮影してどのように過去と近未来を違うように見せたのでしょうか。映画を見ればこの疑問は解決されることでしょう。

この他のロケ地としては、千葉県の九十九里浜の 中央に位置していて、夏は海水浴に来た人で、とてもにぎわう九十九里町不動堂の豊海(不動堂)海岸に建つ、九十九里ビーチタワーが使われたということや群馬県高崎市の高崎市立中央図書館で主人公が歩いているシーンが撮影されたという情報もあります。さらに、埼玉県の越谷市でもロケが行われたようです。

その他のロケ地の情報については、公開されていないのでわかりませんが、映画の詳細などが明らかになってくれば次第にわかってくるものと思われます。

さらに、近い過去と未来を舞台にしている映画夏への扉ですので、どの時期に撮影が行われているのかも気になるところです。撮影自体は2020年の初頭に行われ、1995年のところではその当時に使われていた道具などを取集して当時の様子をリアルに再現しているようです。さらに新たにその当時の道具などを製作したりもして、当時の雰囲気を出すことにこだわっているということもいわれています。

撮影ロケ地や撮影時期について詳しいことまではなかなか分かりませんでしたが、2つの時代を表現するために撮影スタッフはかなり工夫しているようです。

スポンサーリンク

まとめ

映画夏への扉は1995年の東京が舞台であるので、ハインラインの1956年の小説である原作とは少し違和感があるかもしれません。しかし、日本が舞台であることにより小説にもより親近感が生まれるかもしれません。

コールドスリープをはじめとしていろいろな未来技術も出てくるようでかなりSFファン向けの作品のようにも思われますが、人間関係などの描写は時代を超えて通じるところがありますので、すべての方におすすめの作品となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました