22年目の告白-私が殺人犯です-を無料で観る方法/DVDレンタルをしないで完全無料視聴‼

無料視聴

<引用>ワーナー ブラザース 公式チャンネル

22年目の告白-私が殺人犯です-を無料で観る方法

「22年目の告白-私が殺人犯です-」
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」は31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

U-NEXTおすすめポイント

1.配信数がトップクラス
2.ジャンル、コンテンツが豊富
3.漫画や雑誌も購読可能
4.毎月1,200円分のポイントがもらえる

22年目の告白-私が殺人犯です-を観る方法

22年目の告白-私が殺人犯です-のフル動画を無料で観る

今すぐU-NEXTで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

22年目の告白-私が殺人犯です-内容

あらすじ ストーリー

1995年、殺人の公訴時効が撤廃される前日までに起こった、東京で起きた5件の連続絞殺事件。被害者を関係者1名と向かい合わせ、殺害の一部始終を目撃させるという残虐な手口を重ねたこの凶悪な連続殺人事件は、被害者の1人に現役の警察官を含めながら、警察の必死の捜査もむなしく時効を迎え、迷宮入り事件となる。

それから22年、派手なパフォーマンスとともに堂々と自分が犯人だと名乗り出た男が現れた。男の名前は曾根崎雅人。彼の書いた告白手記はベストセラーとなり、一躍時の人となった曾根崎の行動は日本中を翻弄する。

刑事の牧村航は、この連続殺人犯を拳銃で撃ったことから犯人に逆恨みされ、自宅にトラップを仕掛けられて同僚を殺害されてしまう。さらに、自宅にいたはずの妹・里香が事件直後から失踪し、この事件に巻き込まれた可能性が高いと判断した牧村は、妹の婚約者と共に連続殺人事件のことを追っていた。

かつてフリーのジャーナリストであったが、テロリストに拉致されて壮絶な体験をしたが生還し、帰国後この連続殺人事件を精力的に追っていたことから「NEWS EYES」のニュースキャスターに抜擢された仙堂俊雄は、曾根崎を番組に招いて独占インタビューを行い生中継しようとする。

しかし、番組前に動画投稿サイトに「曾根崎は偽者であり、自分こそが本物の連続殺人犯である」とする動画が投稿される。その動画の主は、「曾根崎と牧村航の2人が出演することを条件に、自らも真犯人として番組出演する」と宣言。その番組内で、真犯人によって撮影された動画が公開される。だが、その番組に出演していた覆面男は、真犯人に雇われただけの偽者であった。

曾根崎は「自分は真犯人ではなく、牧村の妹の里香の婚約者・小野寺拓巳で、過去に自殺を繰り返したがこのままでは死にきれず、牧村と共に殺人犯を見つけるために、戸籍を変えたばかりか顔と声も整形して、犯人を誘い出すために手記を出版してパフォーマンスを行った」と告白する。

真犯人への手がかりがが途切れる中で、牧村と小野寺は「真犯人の残した証拠」を見つけだす。それは、時効となった犯人を法的に裁くための、決定的なアリバイであった。

真犯人は逮捕され、5件の連続殺人犯でもあり、トラウマを抱えた犯人の過去を考慮して精神鑑定が待たれていた。その収容施設に、清掃スタッフの一人として入り込んだ殺人事件の遺族・戸田丈が、包丁を片手に真犯人に迫るところで物語は終わりを告げる。

<引用> wiki

登場人物出演キャスト

曾根崎雅人〈44〉 演 – 藤原竜也
年齢に似つかわない容姿端麗の謎の男性。22年前に起きた東京連続絞殺事件の犯人を名乗り、事件にまつわる告白本を発表する。芝居がかった言動が多く、熱烈なファンと強烈な反発を呼び起こし、世間を混乱させる。

牧村航〈49〉 演 – 伊藤英明
連続絞殺事件の担当刑事の一人。犯人をあと一歩のところで取り逃がした過去を持ち、その際に顔に負った傷が現在も残る。
ノベライズ版では読書家の一面も見られる。

岸美晴〈27〉 演 – 夏帆
2件目の事件の遺族。書店員。直接の目撃者ではないが、近くに居合わせながら父親を殺されたトラウマを持つ。曾根崎を許せず、思いがけない行動に出てしまう。
牧村とは事件以来の顔馴染みで、ノベライズ版では過去に牧村の影響から本好きになるきっかけとなるなど、その関係性が強調されている。

小野寺拓巳〈22〉 演 – 野村周平
牧村里香の婚約者。一連の連続絞殺事件の時効が成立した日に飛び降り自殺を図る。

牧村里香〈20〉 演 – 石橋杏奈
牧村航の妹。22年前は関西で看護婦をしていたが、阪神・淡路大震災で居住先を失ったことがきっかけで拓巳と共に牧村の住むアパートに引っ越してきた。しかし間もなくして、最後の連続絞殺事件直後に、婚約指輪だけを残して行方不明になる。

春日部信司〈28〉 演 – 竜星涼
牧村航の後輩刑事。

川北未南子〈30〉 演 – 松本まりか
『私が殺人犯です』編集者兼曾根崎のマネージャー。功名心もあり、曾根崎の手記出版に飛びつくものの、世間を翻弄する彼の行動についていけないものを感じ始める。
ノベライズ版では主人公格の一人として扱われる。

村上由香 演 ‐ 荻野友里
劇中のワイドショーのリポーター。

若松義生〈57〉 演 – 矢島健一
所轄組織犯罪対策課 課長。

戸田丈〈26〉 演 – 早乙女太一
橘組の構成員。実は連続絞殺事件の遺族の一人。

滝幸宏〈享年45〉 演 – 平田満
22年前の牧村の先輩格だった刑事。連続絞殺事件最後の被害者。異変を感じて踏み込んだ牧村のアパートに仕掛けられた機械仕掛けの絞殺装置に引っかかり、その後ガス爆発に巻き込まれ、殉職した。

山縣明寛〈60〉 演 – 岩松了
4件目の事件の「目撃者」。妻を殺害された。共立中央病院の院長。

橘大祐〈64〉 演 – 岩城滉一
3件目の事件の「目撃者」。関係のあったホステスを殺害された。橘組の組長。

仙堂俊雄〈50〉 演 – 仲村トオル
フリーのジャーナリストであったが、テロに巻き込まれ辛くも生還。帰国後、当時発生していた連続絞殺事件に興味を持ち、積極的に取材を行う。現在は「NEWS EYES」のキャスター。曾根崎に番組への出演を依頼し、事件の真相を追求する。

22年目の告白-私が殺人犯です-感想

20代男性

30代 男性

(原作を読んでいないので)どんでん返しに次ぐどんでん返しで見応えがあった。
ただそれを知って改めて思うと、(役者ではなく)登場人物たちが別人なりきる演技力がうますぎるだろってぐらい作られた感じはあったが…

オープニングのニュース映像から手ブレカメラ映像などそれを煽る演出も良かった。

20代男性

20代 男性

ストーリーが今までにない展開で最初から最後まで面白い作品でした。
どんでん返しの映画でした。
キャストの演技もよく仕上がっていますね!

20代女性

20代 女性

どんでん返しで面白かった。けれど、藤原竜也が犯人ではない可能性については結構最初の方で勘づいた。
ミステリ・サスペンス好きにとっては時効した今更何故出てくるのか?普通は出てこない。じゃあ何故?まずその目的が語られない。
藤川竜也が演じる曾根崎は何がしたいのか?それを考えていくと実は犯人ではなく真犯人を誘き出す為の罠ではないか?

っていう考えに観てる途中で気付いてく。けれど真犯人には結構意外だったし曾根崎の協力者にも「え、この人も!?」っていうのはあった伏線も沢山あって面白くて楽しめた。

22年目の告白-私が殺人犯です-を無料で観るには!

「22年目の告白-私が殺人犯です-」「U-NEXT」で無料です。

「U-NEXT」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐ無料おためし

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました