ブレイブ 群青戦記三浦春馬の出演はどこ?何役?映画撮影時期はいつ?

映画

今回も『ブレイブ 群青戦記』についてのお話です。前回も少しだけ触れましたが、三浦春馬さんについてフォーカスを当てたいと思います。昨年、突然の訃報にとても驚いたのを覚えています。個人的な話ですが、昨年7月は第一子が生まれ命の尊さを肌で感じていました。

なので特に自殺というのがどれほど辛く悲しいものなのだろうと、とても生と死について考えることが多かったです。加えて三浦春馬さん自ら命を絶ってしまったということに、あの笑顔の裏には誰も知らない三浦さんだけが感じていた葛藤があったのかと思うととても胸が苦しくなります。『ブレイブ 群青戦記』ではどんな役で出演しているのかなど深掘りしていきたいと思います。

ブレイブ群青戦記 あらすじネタバレは?原作は?どこまで実写映画化?
さて、今回も人気漫画が映画化になった話題です。戦国時代をテーマに少し変わったストーリー展開を魅せてくれることで人気の『群青戦記 グンジョーセンキ』。 『週刊ヤングジャンプ』に掲載されていた漫画で、高校の校舎ごと戦国時代にタイムスリップ...
原作の「群青戦記」は
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
無料お試し!今すぐクリック!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック
スポンサーリンク

三浦春馬の出演はどこ?何役?

『ブレイブ 群青戦記』は『週刊ヤングジャンプ』で連載された笠原真樹さんの漫画『群青戦記 グンジョーセンキ』を実写映画化したものです。高校生アスリートたちが、ある日突然戦国時代にタイムスリップしてしまい、各々得意分野で武将と戦う新しい戦国サバイバルムービーです。

そんな中で三浦春馬さんが演じるのは、後の徳川家康となる松平元康役でスクリーンに登場します。松山ケンイチさん演じる織田信長相手に、主演を務める新田真剣佑さんやヒロインの山崎紘菜さん達高校生アスリートが戦いを挑みます。

予告映像では「仲間を救い出したい」と涙する主人公・西野蒼に松平元康が「ならばその道を進め」と導くシーンも登場しました。このことからも高校生たちに優しく手を差し伸べる重要な役どころということが分かりますよね。生前の三浦春馬さんと新田真剣佑さんは親しかったこともあり、予告を見ただけでも涙するファンが急増しているのだとか。役者になるきっかけをくれたのが三浦春馬さんでしたと語ってくれた新田真剣佑さん。

新田真剣佑さんは、作品タイトルをバックに天を仰ぐ自身の写真を公開し「この最高の映画を早く皆さんに届けたい」と三浦さんのアカウントをタグ付けしてInstagramに投稿していました。2人の仲良しエピソードに心が温まります♪惜しくも三浦春馬さんの遺作の一つとなってしまった『ブレイブ 群青戦記』

悲しいですが、ファンは「また映画館で会えることを楽しみにしています」「威風堂々とした武将姿がとても素敵」と公開を待ち望んでいる方が沢山いるようです。

本当に命を絶ってしまったことは悲しいですが、今もこうやって三浦春馬さんがスクリーンで観れることはとても嬉しいことですよね。私も公開が待ち遠しいです!!

スポンサーリンク

映画撮影時期はいつ?

では、今回の『ブレイブ 群青戦記』はいつから撮影が始まっていたのでしょうか?
調べてみると2019年12月から2020年1月にかけて関東近郊で撮影が行われていたようです。
役者さんたちのスケジュールもあるので一概には言えないかもしれないですが、撮影が行われてから公開まで約1年ほど時間が空くようですね。三浦春馬さんが今回の出演に関して「今回『ブレイブ 群青戦記』に関わらせていただける事、とても嬉しく思います。

本広監督、新田真剣佑くん共に初めて仕事をさせて頂くので今からとても楽しみです。作品の持つ壮大なスケールの中、他人を思いやり、奮闘する事が、未来に繋がるというメッセージを届けられるよう少しでも尽力出来ればと思います。』とコメントしています。

三浦春馬さんの映画出演数はここ最近では特に多く、現在公開中の『天外者(てんがらもん)』や『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。実写化シリーズだと『銀魂』や『進撃の巨人』など幅広い作品に出演していました。他にもドラマでは死去した日にも撮影の予定があった『おカネの切れ目が恋のはじまり』。このドラマでは4話の途中まで収録していたとのことで異例ともいえる台本を練り直して4話完結のドラマとして放送されました。

どの作品の共演者もスタッフも、三浦春馬さんはとても優しく心遣いができる人という印象を受けるほどの好青年だったようです。視聴者側としても三浦春馬さんに対してマイナスのイメージを抱く人は、ほとんどいないのではないでしょうか?自殺を選んでしまった原因に関して様々な噂が出ていますが、今は本人にしか分かりません。

これほどまでに人望の厚かった人が、亡くなってしまうのか詮索したくなる気持ちはとても分かります。ですが、三浦春馬さんが生前沢山の人から愛されて様々な作品を世に生み出してくれたという事実だけでいいのではないかと感じます。
天国で沢山の人が三浦春馬さんを観に映画館に足を運んでくれているというのが伝わることを願って・・・。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『ブレイブ 群青戦記』に出演した三浦春馬さんについてのお話でした。衝撃のニュースから約半年が経ちましたが、正直今でも実感が湧きません。一度もあったことのない一視聴者の私ですら、非常に胸が締め付けられる思いを感じます。自ら死を選んでしまったこと。ニュースでは首を吊っていた状態で発見されたという事で、息絶えるギリギリまで苦しかったと思うと私まで苦しくなります。

ですが私たちの視聴者の前ではそんな悩んでいる素振りは一切見せなかったと思います。そのプロ魂に尊敬の意を表します。元気な姿がスクリーンで観られると思うと非常に楽しみでいっぱいになります。死にたいと願った人に“生きろ”というだけでは拷問なのかもしれませんが、もっと沢山様々な作品を観てみたかったと強く思ってしまいます・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました