韓国映画野球少女出演キャストは?キャストの注目過去作品は?

映画

2021年3月5日から、イ・ジュヨン主演の韓国映画「野球少女」が公開されます。イ・ジュヨンは、韓国ドラマ「梨泰院クラス」で注目された韓国女優です。プロ野球選手を目指す女子高生を描いた青春スポーツ映画です。

韓国映画「野球少女」の脚本・監督は、チェ・ユンテです。映画「野球少女」は、韓国で話題になっているインディペンデント(自主制作)映画です。配給会社を通さずに、映画会社に持ち込んで上映される作品です。チェ・ユンテ監督は、デビュー作であるこの映画が、「社会的弱者と少数者の慰めになれば」と話しています。

スポンサーリンク

韓国映画「野球少女」のあらすじ

この映画のテーマは「私にも分からない未来が、なぜ他人に分かるのか」です。

最高球速134キロを誇り、「天才野球少女」と称えられてきたチュ・スイン(イ・ジュヨン)は、高校卒業を控え、プロ野球選手になる夢を叶えようとします。スインは、剛速球とボールの回転力を強みにしている投手でした。

イ・ジュヨンは、本映画のために、独立リーグの野球選手と40日間にわたって、猛訓練に励みました。スタントなしに、天才野球少女になりきった演技が高く評価されています。

高校卒業後は、プロ野球選手になるべく、練習に励んでいました。しかし、女子という理由で、正当に評価されません。プロテストすら受けることが出来ません。

友人や家族も反対しています。母親(ヨム・ヘラン)や友達、野球部の監督も、夢をあきらめて現実を見ろと忠告します。

そんな時に、プロ野球選手の夢に破れた新人コーチのチェ・ジンテ(イ・ジュニョク)が赴任してきます。コーチのジンテの支援により、スインのプロ野球への挑戦が始まります。

スポンサーリンク

韓国映画野球少女出演キャストは?

韓国映画「野球少女」の出演キャストを紹介します。

イ・ジュヨンが、プロ野球を目指す、女子高生チュ・スインを演じます。

イ・ジュヨンは、1992年2月14日生れ、慶熙大学演劇映画学科卒業の韓国女優です。イ・ジュヨンは、体育大学へ進学しました。授業で演技の学習があり、演技に興味を持って、2年生で演技科へ転科しました。

イ・ジュヨンは、2012年から短編・独立映画に出演し、2016年にチャンリュル監督の映画「春夢」に出演しました。2016年にドラマ「ゲーム会社の女子社員たち」「恋のゴールドメダル」に出演しました。2019年の独立映画「メギ」は、公開から3日で観客数1万人を突破し、ブレイクしました。

イ・ジュヨンは、今まで熱愛説がありません。恋愛について「仕事と恋愛を両立できない」と言っています。理想のタイプは「自分の仕事を熱心にする人が素敵だ」と話しています。

イ・ジュニョクが、天才の野球女子高生を指導するコーチを演じています。

イ・ジュニョクは、1984年3月13日生れ、檀国大学大衆文化芸術学部卒業の韓国俳優です。2007年に単幕劇「ドラマシティ」で芸能界デビューしました。大学では広告広報学を専攻しましたが、周りから勧められて俳優に転身しました。2012年放送のドラマ「赤道の男」で注目されました。2017年公開の映画「神と共に」が1千万人の観客を動員し大ヒットしました。

ヨム・ヘランが、女子高生の母親役を演じています。

ヨム・ヘランは、1976年1月1日生れ、ソウル女子大学校国文学科卒業の韓国女優です。大学時代は演劇サークルに属し、卒業後、出版社に入社しました。1999年に、演友部隊の団員募集広告を見て芸能界に入りました。

スポンサーリンク

キャストの注目過去作品は?

イ・ジュヨンの注目過去作品は、2020年11月31日-2020年3月21日に、Netflixで放送したテレビドラマ「梨泰院クラス」です。原作は2017年から2018年まで連載されたチョ・クアンジンの漫画で、ドラマ化しました。主演は、パク・ソジュン、チョ・イソでした。

イ・ジュヨンは、ドラマ「梨泰院クラス」で、タンバムのシェフ、トランスジェンダー、株式会社icの従業員を演じました。ソウルの飲食店激戦区・梨泰院を舞台に、飲食業界で成功を目指す若者を描いた物語でした。最終回の視聴率16.5%で、韓国のケーブルテレビで、史上7位の高視聴率を稼いだ、人気ドラマでした。

イ・ジュヨンの代表作は、2016年公開ドラマ「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ」、2018年公開ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」、2018年公開ドラマ「恋の記憶は24時間」などがあります。

イ・ジュニョクの注目過去作品は、2017年6月10日-2017年7月30日に、tvNで放送された、「秘密の森~深い闇の向こうに~」があります。感情の無い孤独な検事と人情刑事が隠された真実を暴いていくミステリードラマで、西部地検刑事3部検事・ソ・ドンジェを演じました。

イ・ジュニョクの代表作には、「赤道の男」(2012年)、「私の人生の春の日」(2015年)、「裸の消防士」(2017年)、「君はロボット」(2018年)などがあります。

イ・ジュニョクが出演し、日本のドラマ「リピート~運命を変える10ヶ月」を韓国で大胆にリメイクした「リセット~運命をさかのぼる1年~」が、2021年3月3日(水)にDVDリリースされます。あらすじは、ある日突然、「現在の記憶はそのままに、1年前に戻ることができる」と電話がかかってきます。集められた男女8人と共に1年前に“リセット”されます。完璧な人生を目指すも、参加者が相次いで謎の死を遂げる連続殺人事件に発展します。

まとめ

今回は、2021年3月5日から公開される、「梨泰院クラス」」出演女優・イ・ジュヨン主演の韓国映画「野球少女」について調べました。韓国映画「野球少女」のあらすじ、主要キャスト、主要キャストの出演作品について調べました。

韓国映画「野球少女」が、日本で大ヒットすることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました