映画空の青さを知る人よあらすじネタバレは?原作は何?

映画

アニメ映画「空の青さを知る人よ」は、長井龍雪監督、CloverWorksにより制作され、東宝で2019年10月11日に全国公開されました。公開後3週で観客動員数33万人、興収4億円に達しました。2020年に、第43回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

長井龍雪(ながい つゆき)監督は、1976年1月24日生れ、新潟県出身のアニメーション監督です。別名義:超平和バスターズ(岡田磨里、田中将賀と共有筆名)で活動しています。

長井龍雪監督は、新潟デザイン専門学校広報プランニング科を卒業し、新潟の印刷会社に入社しました。東京へ転勤したあと、脱サラしてアニメ会社に関係し、演出助手等を経験しました。2006年に、「ハチミツとクローバーⅡ」で初監督しました。2011年に完全オリジナルアニメ「あの日に見た花の名前を僕達はまだ知らない」の監督を務めました。

あいみょんが、主題歌「空の青さを知る人よ」を歌っています。あいみょんは、本名:森井愛美(もりい あいみ)、1995年3月6日生れ、兵庫県西宮市出身、エンズエンターテイメント所属の女性シンガーソングライターです。あいみょんは、2010年4月に兵庫県立西宮南高等学校へ入学し、2012年3月に中退しました。2012年4月に兵庫県内の高校に編入し、その後卒業しました。

あいみょんは、中学2年生から作詞を始め、高校1年生から曲を作りはじめ、高校卒業後、所属事務所からTwitterで連絡があり、デビューしました。2015年ジャニースWESTの「Time goes by」で作詞家デビューしました。2017年2月公開の映画「恋愛奇譚集」の主題歌「漂白」を作りました。

アニメ映画「空の青さを知る人よ」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
無料お試し!今すぐクリック!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック
スポンサーリンク

映画空の青さを知る人よあらすじネタバレは?

映画「空の青さを知る人よ」のあらすじを紹介します。

秩父の山に囲まれた町に住む高校生の相生あかねは、金城慎之介とバンドを作り、妹・あおいと暮らしていました。あかねが高校卒業前に、交通事故で両親が死に、あかねは慎之介と上京して音楽をする夢をあきらめて、あおいと二人で暮らしています。

それから13年が経過し、妹・あおいは、17歳で高校一年生になりました。妹・あおいは、姉・あかねが、恋人との上京を断念して、親代わりになり育ててくれたことに感謝し、姉・あかねを自分から解放したいと思っています。妹・あおいは、受験勉強はせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日を送っています。

姉・あかねは、そんな妹・あおいを心配しています。そんなある日、町で音楽祭が開催されることになり、ゲストとして大物歌手・新渡戸団吉の出演が決まります。そのバックミュージシャンに、上京してから音信不通になっていた、姉あかねの恋人・金城慎之介が入っていました。

妹・あおいは、音楽の楽しさを教えてくれた金城慎之介に憧れていました。お堂でベースを練習していた妹・あおいの前に、18歳のしんの(慎之介)が現れます。妹・あおいと18歳のしんの、姉・あかねと慎之介の2組の恋が動き出します。しんのは、18歳の高校生の姿のままで、過去から時空を超えてやってきました。

思わぬ再会から、妹・あおいの慎之介への憧れが、18歳のしんのへの恋に変わっていきます。一方で、姉・あかねと慎之介は、13年ぶりの再会を果たします。過去と現在をつなぐ、不思議な「二組の初恋」が始まります。

音楽祭の前に、新渡戸達は、練習のためにホールへ行きます。ホールで練習開始前に、新渡戸が、大事なペンダントが無いと騒ぎだします。スマホの写真から、ペンダントをトンネルで落としたことを割り出し、姉・あかねはトンネルへペンダントを探しに行きます。

スポンサーリンク

原作は何?結末は?ネタバレ

原作者は、超平和バスターズです。超平和バスターズは、長井龍雪監督、岡田磨里、田中将賀の3人によるアニメーション制作チームです。岡田磨里(おかだ まり)は、1976年生まれ、埼玉県秩父市出身の女性の脚本家で、アミューズメントメディア総合学院卒業です。

田中将賀(たなか まさよし)は、1976年1月19日生れ、広島県出身の男性アニメーター・キャラクターデザイナーです。岡山理科大学で、アニメ研究会に入り、アニメ制作の仕組みを知りました。大学を中退して代々木アニメーション学院アニメ科に入学しました。卒業後、アートランドに所属した後、フリーランスで活躍しています。

超平和バスターズは、2011年4月から6月まで、フジテレビで放送されたテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」を制作したチームです。3人は、アニメ映画「心が叫びがってるんだ」を制作し、2015年9月19日に公開しました。
アニメ映画「空の青さを知る人よ」は、超平和バスターズが原作者の3度目の映画です。

結末を紹介します

姉・あかねが、新渡戸のネックレスを探しにトンネルに入ると、がけ崩れが起こります。そこに18歳のしんのが現れて、姉・あかねを救出します。トンネルから出ると、妹・あおいと慎之介が待っていました。

音楽フェスティバルへ、姉・あかねの車に、18歳のしんのと慎之介を乗せてホールへ向かいます。18歳のしんのは、車の後部座席で眠っています。姉・あかねと慎之介が話していて、気が付くと、18歳のしんのは姿を消していました。妹・あおいは、18歳のしんのが、いなくなったことを知って、涙をこらえて走り出します。

映画に描かれた登場人物の後日談は、エンドロールに出てくるイラストから推測することができます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アニメ映画「空の青さを知る人よ」のあらすじ、ネタバレ、原作、結末について調べました。
長井監督、岡田磨里、田中将賀の3人で構成される、超平和バスターズ原作のオリジナルストーリーであることが分かりました。

超平和バスターズの今後の活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました