その女、ジルバ第7話ロケ地光が開いた蔵カフェや新の実家、新と白浜が歩く道は?

ドラマ

これまで、淡々と日常を過ごしてきた、ごく平凡な40歳女性の姿を、池脇千鶴さんが見事に演じ切っていると話題のドラマ「その女、ジルバ」。

奇跡が起きると言われている「OLD JACK&ROSE」で迎えるクリスマス。その言葉の通り、スミレと石動に恋の奇跡が訪れました。更には、新の前にも謎の男性が登場。ジルバを訪ねるこの男性は、一体何者なのでしょうか。

そして、現状を隠したまま新しい年を実家で過ごす新。そこで新に待っていた出来事はどんなものだったのでしょうか。今回は、そんな第7話の内容について、ロケ地情報と共にご紹介していきます。

スポンサーリンク

その女、ジルバ 第7話予告 あらすじ


大晦日、BAR「OLD JACK&ROSE」で大掃除をしていた新(池脇千鶴)の前に現れた白浜(竹財輝之助)。クリスマスの夜、閉店間際に店を訪れ、新に花束を渡して立ち去ったあのイケメンであった。

「ジルバは死んだよ…」幸吉(品川徹)が告げる。
ジルバの写真に手を合わせた後、白浜は語り始めた。ブラジル育ちの白浜は、現地で出会ったある男に「日本に戻ったらジルバに会いに行け」と言われ、かつてジルバを訪ねた。しかしジルバは突然取り乱し、白浜を追い返したのだという。
「どうしてあの時…あんなに」白浜が話したその時、店にふらりと真知(中尾ミエ)が現れる。仕事が終わったので幸吉と一杯やろうと立ち寄ったのだという。
白浜に尋ねられるがままに真知が語り始めたジルバの過去。それは、かつて地球の裏側で起きた悲劇の物語だった…。

年が変わり1月、新は故郷・福島へ帰ってきた。弟・光(金井浩人)のカフェのオープンを応援するためだ。大盛況の店内で、早速手伝い始める新。
そして新が実家に帰ってきたのには、もう一つ目的があった。
職場の異動、バーでのバイト…ずっと両親に言えずに逃げてきたことに、いよいよ決着をつける時が来たのだ。

<引用>その女、ジルバ 公式

スポンサーリンク

その女、ジルバ 第7話ロケ地は?

稲荷坂通り 埼玉県和光市白子3丁目

大晦日を「OLD JACK&ROSE」過ごした帰りに新と白浜が歩いていた場所

cafe217 福島県耶麻郡猪苗代町長田字南烏帽子660-1

新がお祝いに駆け付けた、光が開いた蔵カフェ

公式HP:

cafe217
旅人のためのオアシス|カフェニーナ

若木の家 東京都板橋区若木3-14-1

新の実家の内観

スポンサーリンク

その女、ジルバ 第7話撮影協力一覧(エンドロール)

新日本工業株式会社 株式会社リゾン 会津若松フィルムコミッション
猪苗代町 cafe217 若木の家

その女、ジルバ 第7話感想

ジルバを訪ねてきた男性・白浜。ブラジルでの出来事を出版する夢を持ち、その取材のためにやってきたのですね。

そこにやってきた真知。そして語られた敗戦後のブラジルの様子。「地球の裏側で起きた悲劇も知らずに、今ここにいる」という新と全く同じ感想を抱きました。おそらく、教科書でもわずかなスペースでしか語られていない出来事ではないでしょうか。

でも本当は、新とマスターがおせちを食べ、お酒を飲み、テレビを見ても尽きないほどの長く深い物語があるのでしょうね。

震災を経験した光もまた、想像を超えるほどの苦労をしてきたのでしょう。以前のお話でも登場した、「東京では本当の辛さは分からない」という言葉に、その想いが詰まっているようでしたね。

生活の基盤を東京に移している今、その土地で育ったはずの新ですら降雪量の多さすらも忘れてしまうほど、故郷での暮らしというものは薄れつつあったのかもしれませんね。

そんな新、この帰省で自分の現状を打ち明けることにしたのですね。水商売で生きるという決意を聞き、取り乱す母。当然の反応なのかもしれません。何歳になっても娘は娘。水商売というだけで、心配になってしまったのでしょうね。

それに対する父、それで自分が笑っていられるなら応援すると背中を押してくれました。反対する親が居れば応援する親もいる。どちらも子の幸せを願う親心ゆえだなと思わされましたね。

お正月休暇を終え、出勤した新が目にしたスミレ。これまでのキャラが変わり、すっかり恋愛モードになっていましたね。次回はそんなスミレにも更に転機が訪れるようですね。第8話の展開も、楽しみです。

その女、ジルバ 第8予告 あらすじ


ついに会社を辞めて「OLD JACK&ROSE」での仕事一本に絞る決意をした新(池脇千鶴)。退職届を提出し、バーでの仕事にひときわ気合が入る新だったが、前園(山崎樹範)は心配顔。

「社宅、どうしますか?」
前園の言葉で初めて、会社を辞めたら社宅にはいられないということに気づく始末。もう後には戻れない…改めてその選択の重さに思い至る新だった。
新の住居問題は、幸吉(品川徹)のある提案により、急転直下思わぬ形で解決することになるのだが…。

一方、スミレ(江口のりこ)もまた、大きな人生の転機を迎えていた。
浮かれモードのスミレを微笑ましく見ていた新だったが、夜になると一転、スミレはどんよりした表情でバーに現れる。石動(水澤紳吾)と連絡が取れないというのだ。まあそれくらいは…とつい思ってしまう新をよそに、生まれて初めての恋に燃えるスミレは気が気ではない。
その後、事態は予想外の展開を迎えることに…。

<引用>その女、ジルバ 公式

その女、ジルバ 今すぐ無料で見る

「その女、ジルバ」を今すぐ無料で見れるのは、
フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」です。
第一話から最新話までフル動画で配信されています。
今すぐ お試し
「FODプレミアム」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。

「その女、ジルバ」の原作漫画をお得に読む方法

「その女、ジルバ」の原作漫画は、「ビッグコミックオリジナル増刊号」(小学館)にて2011年7月増刊号から2018年9月増刊号まで連載『その女、ジルバ』(有間しのぶ)です。U-NEXTだと2冊無料で読むことができます。お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、全部読むことができますね。

今すぐ 無料おためし

その女、ジルバ第1話ロケ地新が自転車で走る商店街、老婆助けた公園、故郷の駅は?
フジテレビ系土曜深夜ドラマ「オトナの土ドラ」が2021年1月期に送るのは、池脇千鶴さん主演の「その女、ジルバ」です。 原作は「ビックコミックオリジナル増刊号」にて2011年から連載され、第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した、有間...
その女、ジルバ第2話ロケ地新勤務する物流センター、出退勤時通る川沿いの道は?
有間しのぶさんの同名コミックを原作としたドラマ「その女、ジルバ」。 誕生日を祝う相手もいない、おしゃれに気を遣うこともない、そんな40歳の独身女性・新を演じる池脇千鶴さん。 いわゆる“中年女性”というイメージそのものである様子に...
その女、ジルバ第3話ロケ地エリーの暮らす高齢者住宅、新の出向先物流センターは?
「大人に向けた本格派ドラマ」というコンセプトに基づき、土曜の深夜にフジテレビ系で放送されているドラマ「その女、ジルバ」。 第1話での新は、結婚直前で相手の男に裏切られ、自信もないままに出向先での業務をこなすだけの地味な女性でした。 ...
その女、ジルバ第4話ロケ地リストラ話進行中?!新の出向先第一物流センターはどこ?
2021年1月期、フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送中のドラマ「その女、ジルバ」。 池脇千鶴さんが演じる新という女性は、ドラマでよく見るような煌びやかな40歳女性ではなく、無造作なファッションに若干丸みを帯びたような顔つきという、...
その女、ジルバ第5話ロケ地スミレが佇む橋や島根に帰るみかが歩いていた橋は?
池脇千鶴さん主演でおくる、フジテレビ系ドラマ「その女、ジルバ」。 池脇さんが演じる新というアラフォー女性の姿は、同年代の視聴者にとって共感の持てるものであることから、今期ドラマの中でも注目度の高い作品となっています。 また、第1...
その女、ジルバ第6話ロケ地ひなぎく初恋の人に会いに行った寺やスミレ石動並んで歩く歩道橋は?
1月9日よりフジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送中の、池脇千鶴さん主演ドラマ「その女、ジルバ」。 スミレへのリストラ話が浮上する中、自身の人生を見つめ直したみかが、東京を去り故郷へ帰ることを選びました。旅立つみかの決意には、胸が熱く...

コメント

タイトルとURLをコピーしました