ペパーミント・キャンディーを無料で観る方法/DVDレンタルをしないで完全無料視聴‼

無料視聴

<引用>Kstyle

ペパーミント・キャンディーを無料で観る方法

「ペパーミント・キャンディー」
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」は31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

U-NEXTおすすめポイント

1.配信数がトップクラス
2.ジャンル、コンテンツが豊富
3.漫画や雑誌も購読可能
4.毎月1,200円分のポイントがもらえる

ペパーミント・キャンディーを観る方法

ペパーミント・キャンディーのフル動画を無料で観る

今すぐU-NEXTで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

ペパーミント・キャンディー内容

あらすじ ストーリー

鉄橋の下の河原で、「カリボン蜂友会」(ソウルのカリボンドン地区で働いていた人々の同窓会)のピクニックが行われている。そこに現れたキム・ヨンホ(ソル・ギョング)は、突然叫びだしたり川に飛び込んだりと奇妙な行動をとる。そして鉄橋の線路に侵入し、「戻りたい…帰りたい…」と叫びながら列車に衝突する。

カメラ 3日前の春
ヨンホは海岸でバイクに乗った二人組と待ち合わせ、金と引き換えにピストルを受け取る。その後、車の中でピストルをくわえて自殺を試みたり、過去の共同経営者を待ち伏せて発砲したりする。別れた妻が住むマンションを訪ねるが、ドアのチェーンも外してもらえない。雨の中、ビニールハウスを転用した住居に帰ると、見知らぬ男がヨンホを待っている。男はユン・スニム(ムン・ソリ)という女性の夫で、スニムがヨンホに会いたがっているという。次の日、ヨンホはスニムの夫に連れられて病院に行くが、スニムは重態ですでに意識を失っていた。ヨンホは眠っているスニムに語りかけ涙を流す。帰ろうとするヨンホに、スニムの夫は「これはあなたのものだと彼女が言っていました」とカメラを手渡す。ヨンホはそのカメラを街で売り払い、残されたフィルムを手にとって泣く。

人生は美しい 1994年 夏
ヨンホは家具店を経営し、金回りのよさそうな生活をしている。しかし妻ホンジャ(キム・ヨジン)は浮気をしており、ヨンホは探偵を使って現場を突き止め、妻と相手の男に暴力をふるう。一方でヨンホ自身も会社の従業員と密会し、車中でセックスをした後、一緒に飲食店に入る。そこで偶然会った子連れの男とヨンホは顔を見合わせ、気まずそうな会話をする。「今はどこの警察署にお勤めですか?」と男にきかれたヨンホは「警察はもうやめました」「今は小さな事業をしています」と答える。後に便所で再び会った時、ヨンホは男に「人生は美しい、だろ?」と語りかける。

場面は一転して、ヨンホの家で転居祝いの宴会が始まろうとしている。ホンジャが料理を作り、会社の同僚たちが集まっているが、ホンジャとヨンホの間には険悪な空気が流れている。ホンジャは乾杯の前に祈らせてほしいと言い、祈りながら泣き始める。ヨンホは居たたまれず家を飛び出す。

告白 1987年 春
ヨンホは警察で働き、妻ホンジャは出産間近である。ラジオから全斗煥に抗議する学生デモの高揚が伝えられる中、ヨンホは風呂屋でパク・ミョンシクを待ち伏せ、逮捕する。若い活動家のミョンシクに対しヨンホは殴打や水責めなどの拷問を加え、ついに活動の中心人物キム・ウォンシクがクンサンにいると供述させる。泣きじゃくるミョンシクにヨンホは「おまえの日記に「人生は美しい」と書いてあったが、本当にそう思うか?」と尋ねる。

ヨンホと同僚はキム・ウォンシクを逮捕するためクンサンに向かう。張り込みの途中で非番となったヨンホは町のバーに入り、店員キョンアに話しかけられる。クンサンに来た理由をきかれ、ヨンホは「初恋の人を探しに来た」「会えなくても、その場所を見てみたかった」と答える。その後、キョンアはヨンホを誘って一夜を共にし、「私を初恋の人だと思って話したいことを話して」と語りかける。ヨンホはキョンアに抱かれながら、スニムの名を呼んで泣く。翌朝、ヨンホが尾行するキム・ウォンシクを同僚二人が殴りつけ逮捕するが、ヨンホはぼんやりと立ちすくんでいる。

祈り 1984年 秋
ヨンホは新米刑事として警察で働き始めている。行きつけの食堂には後にヨンホの妻となる娘ホンジャがいて、ヨンホを「兄さん」と慕っている。ある日、ヨンホは初めて拷問に参加させられ、自身も混乱に陥りながら激しい暴力をふるう。そこにかつて徴兵前、カリボンドンで働いていた時に知り合ったユン・スニムが会いに来る。「あなたは変わったがあなたの手は変わらない」「見た目は悪いけれど善良な手だと思う」とスニムに言われたヨンホは、酒を運んできたホンジャの下半身をその手で撫でてみせる。スニムはお金を貯めて買ったというカメラをヨンホに渡すが、ヨンホは「こんなものはもういらない」と言い、見送りの駅でスニムに返してしまう。その夜、ヨンホは食堂の酔客の輪に乱入し軍隊式の号令をかけながら暴れる。また同じ夜、ホンジャは初めてヨンホと床を共にする。ホンジャはヨンホの隣でキリスト教の祈りを唱え、ヨンホにも祈らせようとする。

面会 1980年5月
スニムは兵役中のヨンホの部隊を訪ね面会しようとするが、戒厳令下のため許可されない。そこに出動命令が下る。ヨンホは身支度に手間取り、上官に蹴りつけられる。ヨンホの飯盒から、スニムが手紙に入れて送り、ヨンホが食べずにためていたペパーミント・キャンディーがこぼれる。兵士たちが乗せられたトラックから道を歩くスニムが見えるが、ヨンホは声をかけることができない。その夜、銃声の飛び交う市街地でヨンホは脚を撃たれて落伍し、線路上に取り残される。そこへ一人の少女が現れる。少女はヨンホに、自分は学生で家に帰りたいが道に軍隊がいて帰れない、家は線路を越えてすぐの所だから通してほしい、と懇願する。ヨンホは他の兵士に見つかる前に早く通れと銃を撃って急かすが、人の声が近づいてくる中、焦って撃った弾が少女を射殺してしまう。ヨンホは茫然として少女を抱き上げ、号泣する。

ピクニック 1979年 秋
川沿いを若者たちが歌いながら歩いている。河原の花を見つめるヨンホにスニムが話しかける。ヨンホは「いつかカメラを担いで、名もない花を撮り歩きたい」とスニムに語る。スニムはヨンホにペパーミント・キャンディーを差し出す。ペパーミント・キャンディーはスニムが毎日工場で包んでいるものだという。ヨンホが「この場所には来たことがないのに、よく知っているような気がする」と言うと、スニムは「それは夢で見たんでしょう」「その夢がいい夢ならいいのに」と言う。ヨンホは河原の花を折ってスニムに手渡す。若者たちは輪になって「どうすればいいんだ 君に去られたら…」と歌う。ヨンホはその輪を離れ、一人鉄橋の下に佇んで涙ぐむ。

<引用> wiki

登場人物出演キャスト

キム・ヨンホ:ソル・ギョング
ユン・スニム:ムン・ソリ
ヤン・ホンジャ:キム・ヨジン
シン・クァンナム(スニムの夫):パク・セボム(朝鮮語版)
ミス・リー(ヨンホの会社の従業員):ソ・ジョン(朝鮮語版)
キョンア:コ・ソヒ(朝鮮語版)
女学生:パク・チヨン
カン社長/カン刑事:イ・デヨン(朝鮮語版)
パク・ミョンシク:キム・ギョンイク(朝鮮語版)
パク上等兵:チョン・ウヒョク(朝鮮語版)

ペパーミント・キャンディー感想

20代女性

30代 女性

時間を遡っていくという展開は過去にもあったかもしれないけど、前半に本来のクライマックスを2つ持ってきて、それでもストーリーを引っ張る演出脚本ってすごいよね。純朴な青年が歴史に翻弄されて自分を見失っていく悲劇、でも、失敗の人生も祝福されなければならない。

20代女性

30代 女性

『オアシス』を先に見てからの鑑賞となりました。
なので今回の主役は、あの映画の青年がそのまま歳を重ねた姿なのかなと思うほど、ダメダメっぷりを引き継いでいるように思いました。

ところがところが、時間を遡り、いちばん若い頃のピクニックの場面と比較すると全然違います。爽やかな、花を愛でる好青年。そのギャップが凄い。
後に、まるで北野武映画がしっくりくるような、あの狂気じみたチンピラになるなんて。着実に人格が変わっていきました。2回見ると、どうしてそんなふうに変わってしまったのかが、より味わえて面白いと思います。演じているソル・ギョングの演技力に魅了されっぱなしの2時間でした。人生の分岐点を追い続けた映画だと思います。あんなに深い傷はなくとも、きっと誰にでも「あの時…」と別の道を選んでいればと 悔やむ瞬間があったはず。結論なんて何も出ない、ハッピーエンドにもならない映画だったのですが、なんかこう主人公に愛着が湧く不思議な作品でした。

ペパーミント・キャンディーを無料で観るには!

「ペパーミント・キャンディー」「U-NEXT」で無料です。

「U-NEXT」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐ無料おためし

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました