モコミ第5話ロケ地萌子美がリニューアルを手掛けた花屋や青年と再会した公園は?

ドラマ

小芝風花さんが主演を務める、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」。

勤めていた工場をやめ、自分が望んだ俊祐の生花店で働き始めた萌子美。手掛けたアレンジも好評で、涼音や真由にも萌子美の特性が受け入れられつつあるようでした。

仕事での体験が自信につながったのか、ようやく落し物のイヤホンも渡すことが出来た萌子美。そのことがきっかけで、この青年との交流も始まったようです。

仕事の面では順調そうですが、家では千華子がストライキ状態に。清水家は一体どうなってしまうのか、第5話のストーリーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第5話公式あらすじ予告

 清水萌子美(小芝風花)はイヤホンを拾ったことで言葉を交わすようになった青年(加藤清史郎)と再会。公園で花たちと“会話”していたと告げても、当たり前のことのように話を続ける彼に、萌子美の心は安らぐ。さらに青年が愛用する自転車に名前を付けていると知り、萌子美も自分の大切な存在に、トミーと名付けていると打ち明ける。いつかトミーに会わせてほしいと言われ、萌子美はうれしさのあまり、仕事中もついニヤけてしまう。
 職場でも萌子美にうれしい出来事が起きる。花屋のリニューアル案をアルバイトの依田涼音(水沢エレナ)が提案。彼女も萌子美が花の気持ちがわかるということに理解を示し、店内のインテリアや仕入れる花を任せてみればいいのではないか、と言ってきたのだ。萌子美の兄で店長の俊祐(工藤阿須加)はこの話を受け入れるが…。
 一方、萌子美の家ではケンカをした両親の伸寛(田辺誠一)、千華子(富田靖子)の“冷戦状態”が続いていた。といっても、意固地になっているのは千華子で、家事を一切放棄。料理を作らず、部屋も散らかり放題だった。家庭でも花屋のリニューアルのことが話題となり、伸寛や祖父の須田観(橋爪功)は萌子美を応援。ところが千華子は素直に祝福できず、自分がいかに恵まれていないか愚痴を言い出す。
 表向きは両親や妹に心を配る俊祐だが、心の中には怒りや不満が渦巻いていた。俊祐はSNSの“裏垢”に、ネガティブな思いを書き込むことで、なんとか自分を抑えていたのだ。

<引用>モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 公式

スポンサーリンク

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第5話ロケ地

府中公園 東京都府中市府中町2-26

花に話しかける萌子美とデリバリーの青年が再会した公園

公式HP:

府中公園 東京都府中市ホームページ
ドラマ「HERO」のロケ地

ふじ花園 東京都府中市是政5-5-2

萌子美がリニューアルを手掛けた俊祐の営む清水生花店

スポンサーリンク

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第5話撮影協力一覧(エンドロール)

株式会社 ふじ花園 ふちゅうロケーションサービス

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第5話の感想

公園で再開したフードデリバリーの青年。イヤホンを示して「元気ですか?」と聞く萌子美に、当然のようにイヤホンを差し出して答える青年。萌子美と同じ雰囲気を感じました。この先、萌子美が萌子美でいられる素敵なパートナーになりそうな予感がしますね。

離れて暮らしていたというのに、観も萌子美のことをよくわかっていますよね。青年との出会いや観の存在が影響しているのか、萌子美も自然と自分の気持ちを出せるようになってきているような気がします。

花屋のリニューアルの件も、もっと反対されるかと思ったら、萌子美の感性を受け入れて任せてくれましたね。萌子美の天然のようにも思える優しさは、周りの心を溶かす力を持っているのかもしれませんね。

前回の一件以来、家事を一切放棄してしまった千華子。教師になる夢を諦めたのは教え子と不倫した父のせいだと話していましたね。もしかしたら、千華子は、「普通」という生き方を最善だと考えていたのでしょうか。

それだから、萌子美のこともどうにか普通であるようにと一生懸命だったのかもしれません。花屋で働く萌子美の姿を見て、それが間違っていたということに気付いたようですね。萌子美に歩み寄れたように、観や伸寛とも理解しあえる日が来るといいですね。

そんな中気になるのは、俊祐の荒んだ一面です。写真を撮る際に、萌子美が俊祐のスマホを手に「なんか重い」と言っていたのは、スマホ本体の重さではなく、スマホに詰まった俊祐の苦しみを感じ取ったからですよね。

俊祐は、いい子な自分に限界を感じているのでしょうか。萌子美の気持ちが受け入れられたという中、俊祐が壊れてしまわないか、今後の展開が気になります。

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第6話予告


 清水萌子美(小芝風花)が家族と一緒に、リニューアルした「清水生花店」で記念写真を撮っていると、デリバリーのアルバイトをする佑矢(加藤清史郎)が現れる。人見知りな萌子美が異性と親しげに話す姿に、母の千華子(富田靖子)も父の伸寛(田辺誠一)も驚くばかり。いつ知り合ったのか、何をしている人なのか、どういう関係なのか…。つい根掘り葉掘り聞いてしまう。
 萌子美は清水生花店がSNSを始めたのをきっかけに、自分専用のアカウントを作る。すると、SNS上でも佑矢と繋がることが出来た上、初めてちゃんと名前を教えてもらう。
 仕事の合間、萌子美はたまたま、兄・俊祐(工藤阿須加)のスマホを見てしまう。画面には“いい人”という人物のアカウントが映し出され、人を非難する投稿が目に入ってくる。萌子美が改めて“いい人”の投稿を確認すると、自分たち家族への悪口が羅列されていた。兄の“裏の顔”を知ってしまい、萌子美は衝撃を受ける。
 その直後、萌子美は佑矢から「リアルで話しませんか?」と誘われ、会いに行く。そこに、偶然2人が一緒にいるのを目撃した俊祐がやって来る。佑矢を警戒する俊祐は、妹の周りをうろつかないよう警告の意味を込めて、自宅に来ないか誘う。しかし佑矢はひるむことなく、俊祐の申し出を受ける。
 連絡を受けた千華子たちは、萌子美が初めて男の子を家に連れて来ることに大慌て。さらに佑矢の訪問が、予想もしない事態を引き起こしてしまう。

<引用>モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 公式

モコミ第1話ロケ地萌子美アルバイトする工場、俊祐が営む清水生花店は?
これまで意欲的かつ刺激的な作風でお送りしてきたテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠。この枠で2021年1月期にお送りするのは、初のヒューマン作品となる「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」です。 脚本を手掛けるのは、「僕の生きる道」シリー...
モコミ第2話ロケ地?萌子美がイヤホン拾った歩道橋、観とラーメン食べた飲食店は?
小芝風花さんが、彼女にしか見えない“モノ”の感情を読み取ることができる不思議な女性・清水萌子美を演じているドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」。 初回放送での萌子美の様子は、汚れを知らないピュアな心そのもの。でも、その様子は周囲...
モコミ第3話ロケ地?萌子美が作成したアレンジのあるドーナツ店や、デリバリーの青年に声をかけた路上は?
1月23日より放送中、小芝風花さん主演の土曜ナイトドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」。 本来は言葉を発するはずのない“モノ”の声が聞こえるという女性・萌子美。そのことがコンプレックスとなり、人から避けられていると思っていた彼女...
モコミ第4話ロケ地?萌子美のアレンジが飾られるドーナツ店や花と話す公園は?
テレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠で放送中のドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」。 自分は人と違うからと、押さえてきた感情と向き合う中で、徐々に明るさが見え始めてきた主人公・萌子美。萌子美が前向きな生き方を始める一方、家族が抱える問...

コメント

タイトルとURLをコピーしました