奥様は、取り扱い注意あらすじネタバレは?原作は何?結末は?

映画

「奥様は、取り扱い注意」は、日本テレビ系で2017年10月4日から12月6日まで放送されたテレビドラマです。原案・脚本は、金城一紀、主演は綾瀬はるかでした。テレビドラマは、10話が放送され、視聴率が11.2%から14.5%と高視聴率でした。

テレビドラマ版「奥様は、取り扱い注意」は
動画配信サービス「Hulu」で配信されています。
今すぐ 無料お試し登録
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
「Hulu」の解約などの詳細はこちら!

2021年3月19日から、劇場版「奥様は、取り扱い注意」が、公開されます。劇場版は、テレビドラマのその後を描いています。テレビドラマに人気があったため、劇場版が製作されたと思います。劇場版は、ポルトガルでロケが行われました。

出演者は、綾瀬はるか、西島秀俊などです。

綾瀬はるかは、1985年3月24日生れ、広島市出身、ホリプロ所属の女優です。本名は、蓼丸綾(たでまる あや)で、両親と一歳年上の兄・蓼丸良平さんの4人家族です。2000年の第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューしました。2001年日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿」で女優デビューしました。綾瀬はるかは、2006年に、ニュージーランドの空港でスパイ容疑をかけられたことがあります。

西島秀俊は、1971年3月29日生れ、東京都八王子市出身、クオーターゾーン所属の俳優です。横浜国立大学工学部生産工学科中退です。2014年にモデルの森あやかと結婚し、2016年4月に長男、2018年9月に次男が生まれています。1992年に大学在学中に東京アクターズスタジオ第1期生になり、テレビドラマ「はぐれ刑事純情派」で俳優デビューしました。

スポンサーリンク

奥様は、取り扱い注意あらすじネタバレは?

テレビドラマ「奥様は、取り扱い注意」のあらすじ

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、広島県に生まれ、両親に捨てられ養護施設で育ちました。菜美は、某国の特殊工作員という過去を持っていました。島田牧師により、「優子」と名付けられて、「島田優子」という別の名前を名乗って活動していました。

菜美は、ボクシングなどの格闘技に秀でていて、身体能力が高く、日本語のほか中国語などの複数の言語を話せます。スパイとして「スリルに満ち溢れた毎日」をすごし、20歳から約10年間活動しています。菜美の誕生日は、6月19日で、星座は双子座です。

菜美が島田牧師の手伝いで、チャペルアテンダーとして働いているとき、ある国家大使館員の結婚式で新郎が襲われる事件が起こりました。新郎が特殊工作員で、その新郎にスカウトされて、特殊工作員になりました。

菜美はスパイを辞めることを決意します。中国で任務中に、川に飛び込み、死んだように見せかけて帰国し、会社の受付嬢に就職します。

その後、合コンで知り合った伊佐山勇輝(西島秀俊)に一目惚れして結婚します。勇輝は、公安職員で、以前から菜美を監視していました。閑静な高級住宅街の光桜町で新婚生活を送りますが、半年後に、平凡な家庭生活に物足りなくなります。

ある日に隣人の主婦・大原優里と佐藤京子に誘われて料理教室に通うようになります。二人と女友達として友情を育むようになります。共に色々なカルチャースクールに通い、「主婦力」を少しでも向上させようと奮闘します。

勇輝は、結婚後も菜美の監視を続けています。菜美がスリルを求めて、危ないことをするので、「このままでは、菜美は捕まってしまう」と考えて、勇輝が一緒にドイツで暮らそうと提案しますが、菜美は反対します。

菜美が町の組織の黒幕と対決して、手下を殺します。帰宅した菜美を出迎えた勇輝が、突然、銃口を向けて、「動くな!」と言います。場面が暗転して銃声が響き渡ります。

劇場版「奥様は、取り扱い注意」のあらすじ

伊佐山菜美は専業主婦で、夫の勇輝と幸せな日々を送っていました。勇輝は公安職員で、元特殊工作員の菜美を監視していました。勇輝はその事実を菜美に打ち明けました。

事件に巻き込まれ、記憶を失った菜美は「桜井久実」、勇輝は「桜井裕司」という名前に変えます。二人で、地方都市・珠海市に引っ越し、新たに生活を始めます。珠海市は、新エネルギー源「メタンハイドレード」の開発推進派と反対派で争いが起きていました。

新エネルギー源「メタンハイドレード」の開発に、ロシアの国家レベルの陰謀が隠されていました。それを突きとめた公安が、阻止しようとしています。

勇輝は、上司の池辺章から「公安の協力者にならなければ、あの女を殺せ」と、菜美の殺害を指示されます。

スポンサーリンク

原作は何?結末は

「奥様は、取り扱い注意」は、テレビドラマの原作・脚本共に金城一紀、劇場版の原案・金城一紀、脚本・まなべゆきこです。

金城一紀(かねしろ かずき)は、1968年10月29日生れ、埼玉県川口市出身の小説家、脚本家です。慶応義塾大学卒業です。1998年に「レヴォリューションNO.3」で小説現代新人賞を受賞しました。2000年に半自伝小説「GO」で直木賞を受賞しました。

金城一紀は、テレビドラマでは「SP警視庁警備部警護課第四係」(2007年-2008年)の原案・脚本、「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」(2017年)の原案・脚本などがあります。

映画版「奥様は、取り扱い注意」の結末(予想)

菜美(綾瀬はるか)と勇輝(西島秀俊)は、新エネルギー源「メタンハイドレード」の陰謀に巻き込まれます。勇輝は、上司から「公安の協力者にならなければあの女を殺せ」と命令されて、ますます苦悩しています。

しばらくして、菜美が記憶を取り戻します。クライマックスの船上で、菜美は勇輝に「スリルをくれるから好きだ」と言います。そして、「愛しているなら殺して」と言います。

結末は「感動と驚きのクライマックス」になります。最後は、新エネルギー源「メタンハイドレード」を狙っている黒幕と戦います。戦いが終わった時に、二人は姿を消して見つからないのだと予想しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、3月19日(金)公開の映画「奥様は、取り扱い注意」について調べました。テレビドラマと映画版のあらすじを紹介しました。原作について調査し、映画版の結末を予想しました。

映画版「奥様は、取り扱い注意」が、ヒットすることを祈っています。

テレビドラマ版「奥様は、取り扱い注意」は
動画配信サービス「Hulu」で配信されています。
今すぐ 無料お試し登録
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
「Hulu」の解約などの詳細はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました