舞台版 千と千尋の神隠し 出演キャストは?映画版声優の起用はあるのか?

映画

つい先日に、面白いニュースが飛び込みかなり話題となっていましたよね。あのスタジオジブリの名作『千と千尋の神隠し』が2022年に舞台化されるというもの。日本のみならず世界でも人気の作品で、約20年間にわたり映画観客動員数のトップを走ってきました。

舞台化では、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の世界初演の潤色・演出を担ったジョン・ケアードが翻案と演出を担当します。どのような舞台になるのか深掘りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

千と千尋の神隠し 出演キャストは?確定出演者

『千と千尋の神隠し』神隠しの舞台化というビッグニュースが出てきてからまだ数日しか経っていません。今現在、公開されている情報は主人公の千尋役のみとなっています。そして気になる千尋役は、なんと!橋本環奈さんと上白石萌音さんのダブルキャストで担当ということです!!今をときめく若手女優のキャスティングですよね。映画やドラマなど様々なところで活躍し、2人を見ない日はないというぐらい今最もノリに乗っている女優さんたち。そしてダブルキャストというのもかなり驚きです。

どういった構成になるのかもかなり気になるところです。中にはダブルキャストという事がよくわからず、どちらかが千尋役、そしてジブリの中でも人気の高いヒーローともいえる美男子・ハク役をどちらかが演じるのか!?と驚いてしまった方も・・・

そんな2人ですが、今回千尋役を演じる事となり橋本環奈さんは「これまで映画、テレビドラマやCM等様々なお仕事に恵まれてきましたが舞台は今回が初めてとなります。それも歴史と伝統のある帝国劇場で初舞台を飾る事ができ、女優というお仕事に携わらせて頂いている身としてはこんなに幸せなことはありません。

プレッシャーや不安が無いと言ったら嘘になりますがまずは私らしく、今回の初舞台楽しくのびのびと演じたいと思います。」とコメント。また、上白石萌音さんも「言わずと知れた名作のタイトルロールを演じる日が来るなんて思っていませんでした。時代も国境も超えて愛され続ける作品の1ピースになれるのは大変光栄なことです。

既に緊張していますが、素朴で勇敢な少女をリスペクトを込めて演じさせていただきます。」と不朽の名作の主人公を演じることに緊張感を持ちつつも、幼くも強い千尋を演じ切るという強い意志が眠っているように感じます。2人が演じる千尋がどのような姿で観客をあの感動の世界に引き込んでいくのか非常に楽しみです。

スポンサーリンク

映画版声優の起用はあるのか?

いま現在公開されているのは、主人公の千尋役のみとなっていますが、早くも他のキャスト予想が白熱しています。映画が公開された時には声優さんはもちろんのこと、多くの実力派俳優が声を当てたことでも話題となっていましたよね。今も第一線で活躍している俳優さんで『千と千尋の神隠し』に出演していた方だと、夏木マリさん、神木隆之介さん、沢口靖子さん、大泉洋さん、安田顕さんが挙げられます。中でも湯婆婆・銭婆役の夏木マリさんは声同様に舞台でも同じ役で出演してほしいという声が目立っています。アニメの印象がかなり強い作品ですから、声が違ってくると少し残念な気もしてきますよね。綺麗に年齢も重ねている夏木マリさんは、映画が公開された当時よりも一段と深みがかかり、味のある湯婆婆・銭婆を演じてくれそうな気がしますよね。

また、映画の中では声変わり前ということで坊を演じていた神木隆之介さん。大人な雰囲気と子どもっぽさを兼ね備えた彼はハク役がピッタリだという声が多く上がっています。他の作品でも実写化の話題などが出てきた時に真っ先に名前が上がる俳優さんの1人。千尋を元の世界に送り出すために身を粉にして戦う姿、神木さんだと雰囲気も相まってかなりアニメに近い作品になりそうな予感です。他にも、少しお調子者の番台蛙の声を務めていた大泉洋さん。こちらもそのままの役でいけるのでは思ってしまいます(笑)映画の中でも印象強かったカオナシや様々な形に扮した神たちをどのように表現するのか。私たちには未知数のことで分かりませんが、映画と同じキャストが出てくれると嬉しいですよね。

ですが、主演の2人も映画の中の千尋とは少し違った雰囲気を持った2人なので全く違うキャスティングでもおかしくはないですね。全く違った舞台『千と千尋の神隠し』もかなり楽しみです!!ジョン・ケアードさんが彩る舞台はまだ来年の話ですが、今からワクワクが止まりません♪
舞台は2022年2月と3月に東京・帝国劇場、4月に大阪、5月に福岡、6月に北海道・札幌、6月と7月に愛知・名古屋で上演予定となっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は舞台化される『千と千尋の神隠し』についての話題でした。私も小学生の頃に映画館で見て不思議な世界観に魅了された1人です。今でもふとした瞬間に見て、綺麗な世界観の描写と子供の頃には難しかった部分も理解しながら再度見る『千と千尋の神隠し』には考えさせられる部分がたくさんあるなと感じます。2022年に舞台化ということでどのように表現されるのか今からものすごく楽しみです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました