スパイの妻を無料で観る方法/DVDレンタルをしないで完全無料視聴‼

無料視聴

<引用>シネマトゥデイ

スパイの妻を無料で観る方法

「スパイの妻」
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」は31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

U-NEXTおすすめポイント

1.配信数がトップクラス
2.ジャンル、コンテンツが豊富
3.漫画や雑誌も購読可能
4.毎月1,200円分のポイントがもらえる

スパイの妻を観る方法

スパイの妻のフル動画を無料で観る

今すぐU-NEXTで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

スパイの妻内容

あらすじ ストーリー

太平洋戦争開戦を控えた1940年、福原聡子は、神戸で貿易会社を営む夫・優作と何不自由なく幸せに暮らしていた。国家総動員法下、貿易商という職業柄当局に目をつけられながらも、洋風の生活洋式で通し、舶来品を楽しみ、趣味の9.5mmフィルム撮影に興じたりと、時勢に頓着しない優作を、聡子の幼馴染である陸軍憲兵の泰治は快く思わない。

あるとき文雄を伴って満州に出かけ、予定よりも遅く帰国した優作の様子を、聡子はいぶかしみ、疑いを抱き始める。優作は、満洲で知った国家機密についてある計画を秘めていた。泰治が二人を追い詰めていく中、文雄の拘留をきっかけにすべてを知った聡子は、“スパイの妻”と罵られる覚悟で愛する夫と運命を共にする決意を固め、優作ですら予想もつかなかった変貌をとげていく。

<引用> wiki

登場人物出演キャスト

福原聡子:蒼井優
福原優作:高橋一生
津森泰治:東出昌大
竹下文雄:坂東龍汰
駒子(福原家の女中):恒松祐里
金村(福原家の執事):みのすけ
草壁弘子:玄理
野崎医師:笹野高史
露店商:佐藤佐吉

スパイの妻感想

20代女性

30代 女性

レビ向けの画像を無理やり劇場で見たような目の疲れが半端なく、加えて演出も演技も設定も違和感きわまりないものに感じて、内容もつまらないものに見えたし・・・、やばい!これは寝る!と思ったけれど、陰影と構図の巧みさに徐々に惹かれていって、後半は打って変わっての展開に、全てにわたって、やられた・・・という思いになってしまいました。スゴイです、おもろいです、皆さん流石です。
でも、後半は食い入るように見ていたので、目の疲れはかなりのものでした。
この作品は、やっぱでっかい液晶とかが合っているんじゃないかなー、なんてかってに思っちゃいましたけど、素晴らしい作品であることは間違いないと思います。

20代女性

30代 女性

 「ロマンスドール」とは何だったのか…と問い詰めたくたる蒼井優×高橋一生の最高の愛の形でした。素晴らしかったです。

まず、予告編の作り方がある意味スパイというか、こちらをだましている感じがして、鑑賞後「お見事でした!」(劇中に蒼井優が言うセリフです)と言わざるを得ないプロモーションだったと思います。

要は、スパイである部分、国家秘密を知ってしまってそれをどうするかというのはある意味付属品であって、本質的には「この夫婦愛を認められるか」という作品だと思いました。

高橋一生さん演じる夫は「君には嘘をつけない身体になっている」「だからその質問には答えられない」「この話は終わりだ」というはぐらかし方をしつつ、実際は妻を巻き込みたくないのか、それとも妻をそもそも愛していなくて、ある意味重い愛に辟易しているのか、観る側に解釈を委ねる絶妙なバランス。ドラマ「カルテット」や「僕らは奇跡でできている」など、飄々とした佇まいで、理屈が通っているのやら通っていないやら微妙な長セリフを言わせたらもう鉄板でしょう。素晴らしい演技だと思いました。

蒼井優さん演じる妻は、夫が国家秘密を知っているのでは、売国奴と罵られるのではという不安に苛まれ、「夫を信じている」と言いつつも、どこか信じられず自分の目で真実を確かめようとする、弱くて強い妻を、どこか儚げに演じられていました。新作出るたびに思いますが、本当に演技がすごい。こんな演技を見てたら、真の愛情表現をされても心底そう思っているの?と疑念を持ってしまうなと僕が山里亮太さんだったら思います(笑)

結局、国家秘密を見て見ぬ振りができなくなった夫妻の様子から、あなたならどうする?そしてこの夫の判断、妻の判断をどう考える?と、こちらに考えさせる余白を与えつつ、実際に戦争は進んでいってしまったというノンフィクションを重ねて、結末に重みをもたせるという本当に優れた映画だと思いました。 クライマックス付近で蒼井優さん演じる妻から発せられる「私は狂ってないんです。でもこれが狂っているのかもしれません。この国では。」というセリフの真意と、海辺で打ちひしがれる泣きの演技に打ちひしがれ、エンドロール前のテロップで『いやあ・・・・そうだよね・・・・』とがっくり来る感じ。いい映画体験でしたよ。

あと、これは蛇足ですが、憲兵という権力を使って実質不倫調査に勤しむ東出昌大さんも最高でした。これは実生活と切り離して観ろと言われても無理です。逆にこういう見方をすることで、深みが増してしまうわけです。

演出も、黒澤明監督らしい、長回し・長セリフが絶妙に効いていました。特に長セリフ中、演者の顔を正面からとらえるカットが極端に少なく、画面外からか背中だけ映すのが多いのが良かった。その背中は希望を示しているのが絶望を示しているのか、能動的に楽しめる工夫が至る所にされているのが良かったです。せりふ回しも、当時っぽくもあり現代にアップデートされてるところもあり、間口の広さを感じさせました。

何度も見返したくなる作品だし、ラスト10分のパワーに何度でも打ちひしがれたい、最高の映画でした。ベネチア国際映画祭の銀獅子賞獲得、おめでとうございます!

スパイの妻を無料で観るには!

「スパイの妻」「U-NEXT」で無料です。

「U-NEXT」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐ無料おためし

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました