グラスホッパーを無料で観る方法/DVDレンタルをしないで完全無料視聴‼

無料視聴

<引用>KADOKAWA映画

グラスホッパーを無料で観る方法

「グラスホッパー」
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」は31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

U-NEXTおすすめポイント

1.配信数がトップクラス
2.ジャンル、コンテンツが豊富
3.漫画や雑誌も購読可能
4.毎月1,200円分のポイントがもらえる

グラスホッパーを観る方法

グラスホッパーのフル動画を無料で観る

今すぐU-NEXTで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

グラスホッパー内容

あらすじ ストーリー

妻を轢き逃げした男、寺原に復讐するために職を辞し、裏社会で寺原の父親が経営する会社「フロイライン」に入社した鈴木。フロイラインの幹部である比与子に命令されカップルを殺害しようとする。ところが、寺原の息子は自分の目の前で車に轢かれてしまった。業界には「押し屋」と呼ばれる殺し屋がいるという。

命じられるままに押し屋を追った鈴木だが、待っていたのは妻と幼い息子のいる家庭だった。温かい家族に戸惑う鈴木だが、会社からは息子の敵を討たんとする電話がかかってくる。

一方、自殺専門の殺し屋・鯨はあるホテルで政治家の秘書を自殺させるときに、押し屋の犯行を目撃する。鯨は押し屋に仕事を先取りされたという過去を清算するために、押し屋を殺害して殺し屋家業から足を洗おうと考える。

また、ナイフ使いの若者、蝉は岩西という男の元で殺し屋をしており、一家を殺害する。その家でガブリエル・カッソの「抑圧」を見て、主人公で新聞屋の店主に束縛されている青年に同情と嫌悪感を抱く。

鈴木は自分が家庭教師だという嘘をつき、押し屋一家に近づこうとする。一家の長のような槿(「むくげ」ではなく「あさがお」と読む)に怪しまれながらも、一家と距離が縮まっていく。

鯨は政治家の梶に依頼されホテルに向かい、梶と会うが、梶は慌てた様子をする。鯨は梶が別の殺し屋を雇い、自分を殺害する計画を練っていた事に感づき、梶を自殺に追い込む。

蝉は岩西から言われた仕事に向かおうとするが、ビル街の外れで、二人の男が一人の男をリンチしているところを目撃する。二人の男が話している内容から寺原関係だと分かり、2人に興味を持つ。2人の外見に「柴」と「土佐」とあだ名をつける。土佐がナイフを持って襲いかかって来るが、蝉は返り討ちにした後、仕事のことを思い出しまた場所に急ぐ。

鈴木は槿の子供とサッカーをし、童心に帰る。そこで子供に「バカジャナイノー」と言われ、鈴木も真似して「バカジャナイノー」と言ってみる。

鯨は梶が1度反抗しようとするが、いつもの様に梶を死にたがらせる。

蝉は仕事場所のタワーホテルに入るが、依頼者の梶が首を吊っているのを見る。自分が仕事に遅れたから梶は気を落として自殺したのかと考える。

鈴木は槿の家に向かうと、遅い昼食であるパスタを食べる。その後、槿に仕事を聞くが、槿はエンジニアだと答える。そして、槿はバッタが集まると凶暴化するという話をし、人間も同じだと言う。

鯨は公園に戻ると、ホームレスの田中から「過去を清算する方法」を教える。そして、未来は「神様のレシピ」というものに全て書かれており、どう抗っても無駄だと説明する。

蝉は仕事の失敗を岩西にどう説明しようかと考えながら商店街を歩いていると、ポルノ写真集店を営む桃に出会う。蝉は桃から寺原の息子が殺害されたという話を聞き、フロイラインの一人の社員が押し屋の居場所をつきとめた(鈴木のこと)というの聞き、殺し屋を殺害することで岩西からの独立を図る。

鈴木は比与子からの電話で、寺原の息子が息を吹き返したという連絡を受ける。

一方、鯨は岩西の事務所に行き、岩西を自殺させる。しかし、突然電話がかかり、岩西は電話を取る。

蝉は桃から社員(鈴木)が連れていかれるビルを聞き出し、車を盗んで行こうとすると、信号が赤になり、岩西に電話をかける。すると、岩西が「がんばれよ、蝉。」と言って、電話が切れた。

鈴木は槿の家から比与子のところへと向かう。鈴木は喫茶店に行き、比与子と出会う。そして、鈴木は比与子に薬を忍ばせないために、比与子が着く前に水を飲んだ。そして、比与子が着いたあと改めて押し屋のことを尋ねられるが、何も言わないようにする。しかし、突然眠気が鈴木を襲いかかり、疑問を持った後、この店ごと劇団という寺原の仲間であることを悟り、自分が馬鹿であると思い、眠った。

意識が覚めると、拘束され、比与子と見知らぬ二人の男がいることに気づく、そして、自分が運ばれていることを知り、廃ビルの中に入って拷問されると言われ、一人の短髪の男が金槌を振る。

岩西は電話が終わり、鯨に蝉のことを伝え、「戦ってほしい」と伝えると、ビルから飛び降りた。そして、事務所のビルから出ると、蝉を目撃する。

蝉は車を走らせて、桃から聞いたビルを発見する。人がいる階に上がると、部屋に入る。男達と女を見つけ、(鈴木と拷問する男達、比与子のこと)女を殴ると男の一人も同じように殴る。もう1人が襲ってくるところで、二人の男が柴と土佐(梶の仕事に行く途中に会った二人)ということに気づく。蝉は柴と土佐を討った後、鈴木を助け廃ビルから車で脱出する。その時に鈴木が付けていた結婚指輪を奪う。

蝉は自分が押し屋を始末しようと考えていることを鈴木に明かす。鈴木は押し屋にも家族がいるためやめてくれと頼むが蝉は自分は家族ごと始末するのが得意分野だ、と言い、鈴木は落胆する。

蝉と鈴木は車に乗るが、実は鯨が車の中におり、鯨は蝉を連れて近くの林に行く。鯨は蝉を始末し、車に戻るが、鈴木の姿はなかった。

鈴木は近くにいた槿に助けてもらい、槿の家まで乗せてもらう。その時、槿の息子がこっそり鈴木のスマホを取ってしまい、比与子に住所を伝えてしまったと伝えられ、慌てる。

なんとか家につくが、家に固定電話がないことに焦り、槿たちに避難するように伝える。

だが、その時に実は槿一家は本当の家族ではなく、妻や子供たちは劇団に所属していたのだ。さらに、比与子に教えた住所はシールを扱う会社の住所であることがわかり、鈴木は安心すると同時に結婚指輪を失くしたことに気づく。槿に林まで送ってもらうと同時に、劇団たちに別れを告げる。

車から降り、指輪を探そうとした瞬間、道路の向こう側に鯨がいることを見つける。

鈴木は鯨に自殺したい気持ちに刈られ、道路に飛び出そうとするが、その直前で亡き妻の声が聞こえ、何とか踏みとどまる。その瞬間、鯨が車に轢かれ、鈴木も睡魔に襲われ、眠る。

その後、鈴木は駅のホームにおり、すべて夢だったのかと思うが、現実だとわかる。亡き妻と来た広島のホテルでバイキングを食べ、塾の講師として働くことになる。情報収集を行うと、どうやら「フロイライン」は消滅し、比与子も死亡したのではないかという噂があることを知る。

駅に行くと、槿の子供という設定だった劇団の子供たちに会い、子どもたちの元気な姿に安堵する。

<引用> wiki

登場人物出演キャスト

鈴木 – 生田斗真
鯨 – 浅野忠信
蝉 – 山田涼介
百合子(鈴木の婚約者) – 波瑠
すみれ – 麻生久美子
比与子 – 菜々緒
槿 – 吉岡秀隆
岩西 – 村上淳
鯨の父 – 宇崎竜童
寺原会長 – 石橋蓮司
寺原Jr – 金児憲史
メッシュの女 – 佐津川愛美
桃 – 山崎ハコ

グラスホッパー感想

20代男性

20代 男性

伊坂幸太郎原作は間違えない。おやって展開からグーンと突き進みホロっと〆る。同じ瀧本智行監督作品『脳男』の生田斗真は今回は地味役だけど、後輩山田涼介が継承者としてエッジが光ってた。

20代男性

30代 男性

原作を知らないのが良かったのか、そんな詰まらなくもなく、そこそこ面白く観させて頂きました
確かに、ゲスい人殺しシーンは飽き飽きしましたが、最後のまとめですっきりした感じです
可もなく、不可もなくと言った感じでしょうか

20代女性

30代 女性

大分前に小説を読んでましたがほとんど話を忘れたまま観賞。まぁ話の内容的に大衆受けはしないと思いましたが、なかなかえぐかったです。後味悪いだろうなと思ってましたが意外とほっこりする場面がちょこっとあって小説ってこんなんだったかな?と思いました。また小説を読み返したくなりました。

グラスホッパーを無料で観るには!

「グラスホッパー」「U-NEXT」で無料です。

「U-NEXT」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐ無料おためし

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました