映画桜のような僕の恋人あらすじネタバレは?映画化キャストは?

映画

今回はNetflixにて2022年に全世界同時配信が決定された『桜のような僕の恋人』です。宇山佳佑さん著書の恋愛小説。2017年に発売されてから、泣ける恋愛小説として瞬く間にベストセラー化されました。

私もたまたま本屋さんに立ち寄った際に見つけて買ってみたんですが、後半は涙が止まらずまともに読み進められませんでした(笑)発売されてすぐに読みましたが、4年経った今も変わらずに一番好きな本です。そんな大人気小説の映画化について魅力をたっぷり伝えたいと思います!

原作小説「桜のような僕の恋人」は
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
無料お試し!今すぐクリック!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック
スポンサーリンク

映画桜のような僕の恋人あらすじネタバレは?

では、気になるあらすじを紹介します。

主人公はフリーターの朝倉晴人。

彼は普段なら入らない小洒落た美容室に値段の安さに惹かれて足を運びます。そして、そこで働いていた美容師の有明美咲に恋をします。そこからは彼女と少しでも仲良くなる為に、通い詰める日々。デートに誘おうと意気込みながら美容室に向かうも、普通に髪を切って軽く会話をして帰ってしまう。今日こそはデートに誘うんだと意気込み振り向いた瞬間、事件は起こってしまうのです。

なんと、美咲の手に握られた散髪用のハサミで晴人の耳たぶを切ってしまったのです。お詫びになんでもするという美咲に晴人はデートをしてほしいと持ちかけます。断れない状況でデートの話に美咲は疑念を抱きますが、仕方なく一緒に出かけることに。ですが、そこで彼女は晴人が嘘をついていたことがわかります。晴人は美咲に対してプロのカメラマンと自称していましたが、晴人はカメラマンの夢を既に諦めていて今はただのフリーター。嘘をついていた事をひどく美咲に叱られますが、その嘘を現実にしようと晴人は決意します。美咲に見合う自分に変わるべくー。

それからも美咲にアタックし続け、晴れて恋人同士となります。ですが幸せな時間は長くは続ませんでした。

美咲は重い病気になってしまったのです。それはファストフォワード症候群というもの。人の数十倍も早く老いていき、一年ほどで死に至ってしまう難病。まだ治療法は確立されていません。年老いていく姿を晴人に見られたくなかった美咲は、彼の前から姿を消すことを決めます。その後の2人が見た未来とは?

同性の美咲には自分がどんどん変わり果てていく姿に葛藤し、どうにか老化を防ごうと抗う姿にとても胸が苦しくなりました。自分でも同じ選択をしたのだろうなと感じてしまいます。一緒に老いていく分には幸せなことですが、自分だけ先に老いていくのであればその姿は見られたくないし、自分が若いままの相手を見るのが辛くなる気がします。

少しネタバレになってしまいますが、二人は公園で再会するのですが、晴人は変わり果てた美咲に気付かないんですよね。その時はまだ病気だったということも知りませんから当然ではありますが。でも、運命の残酷さに酷く打ちひしがれますね。ドラマのように運命の再会とはいかないというのがより現実味を帯びて泣けてきます。

そんな切ない美咲との思い出を胸に抱えながらも、晴人の強さに前を向うと思える作品です。気になった方はまずは小説を読んでみてほしいなと思います♪

スポンサーリンク

映画化出演キャストは?

では、気になる映画化のキャスティングを見ていきたいと思います。

主役の朝倉晴人を演じるのはSexyZoneの中島健人さんです。

中島さんはこの小説のファンで「小説の中で大恋愛ができないかと思って書店巡りをしていた時、運命的に出会った1冊の本。美しい表紙とタイトルの引力に引き寄せられて手に取ったのが『桜のような僕の恋人』でした。美しくも儚い晴人と美咲の恋が、桜というやはり刹那的な美しさをもった花に象徴されている。

大号泣したこの小説の映画化のお話をいただいた時は、震えるような感動と同時にずっしりと重い責任を感じました。渡された映画の脚本は、僕の役者人生の中でもっとも泣いた宝物のような脚本です。」となんとも中島さんらしい本の見つけ方に驚きますが(笑)でも本当に表紙が綺麗で、タイトルと相まってつい手に取ってみたくなる本なんですよね。

そして重い病と戦う有明美咲役には松本穂香さんが演じます。松本さんは「読む度に、脚本全体に溢れている温かさを感じ、胸がいっぱいになりました。この物語は他人事ではなく、生きている私たちひとりひとりの物語だと感じています。」とコメントしています。

原作者の宇山佳佑さんは「物語の着想は20歳の頃。まだ何者でもない若造だった僕は『いつかこれを映画化にできたら・・・』という途方もない夢を抱き、その夢の開花を願ってきました。そして拙著を心より愛してくださる中島健人さんが晴人を、凛とした強さと桜のような儚さを感じさせる松本穂香さんが美咲を演じてくださること、そのすべてが望外の喜びです。お二人が咲かせてくれる桜が今から楽しみでなりません」と映画化について語ってくれました。

私も二人が見せてくれる桜のような脆く美しい世界観を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『桜のような僕の恋人』映画化についてのお話でした。私もこの小説は本当にお気に入りの一冊で、読み終わってすぐに友達におすすめしていました(笑)いわゆる病気と闘い、周りに励ませれながら未来に向かって歩き進めるといった綺麗なストーリーではないですが、読み終わった後に誰かに話したくなること間違いなしの一冊だと思います。こんなにも切ないのに最後はこの本に出会えてよかったなあと何か自分の中で新しい考え方が生まれたような気がします。映画化は2022年予定となっています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました