映画騙し絵の牙出演キャスト監督は?試写会舞台挨拶は?

映画

2021年3月26日(金)から、映画「騙し絵の牙」が劇場公開されます。映画「騙し絵の牙」の出演キャスト監督、試写会舞台挨拶などについて調べました。映画「騙し絵の牙」は、作家・塩田武士が大泉洋をイメージして、あてがきした小説を、大泉洋を主人公にして映画化しました。

塩田武士(しおた たけし)さんは、1979年4月21日生れ、兵庫県尼崎市生まれの小説家です。関西学院大学社会学部卒業です。大学1年生で、作家を志して、創作活動を開始し、大学卒業後、神戸新聞社に入社しました。

塩田武士は、2010年にプロ棋士を目指す男を描いた「盤上のアルファ」で、第5回小説現代長編新人賞を受賞し、作家デビューしました。2012年神戸新聞社を退社し、2016年、グリコ・森永事件を題材にした「罪の声」で第7回山田風太郎賞を受賞しました。

推理小説「罪の声」は、2020年に小栗旬、星野源が出演して、映画化されました。映画罪の声は、日本興行収入12.2億円を稼ぎました。塩田武士の他の作品は、拳に聞け(2015年)、歪んだ波紋(2018年)、デルタの羊(2020年)などがあります。「歪んだ波紋」は、NHK BSプレミアムにより、松田龍平主演で2019年にドラマ化されています。

映画騙し絵の牙あらすじ、ネタバレは?原作は何?結末は?どうなる
今回は映画「騙し絵の牙」のあらすじ、ネタバレや原作について書いていきます。 この作品は2017年にKADOKAWAから発行された塩田武士の原作をもとにつくられた作品です。コロナウイルス感染症の影響で公開が延期されていましたが、今回3月...
スポンサーリンク

映画「騙し絵の牙」のあらすじネタバレ

大手出版社「薫風者」に勤めて、カルチャー誌「トリニティ」の編集長を務める速水輝(大泉洋)は、40代半ばの中間管理職で、新人編集者・高野恵(松岡茉優)と不倫関係を続けています。専務・東松龍司(佐藤浩市)から、「トリニティ」廃刊を宣告されて新企画を探します。

速水輝也は、持ち前のアイデアと交渉力で、大型連載、映像化、企業タイアップなどで雑誌を守ろうとします。しかし、どれも成果が出ず、速水は薫風社を退社します。独立した速水が、出版業界で牙をむきます。

スポンサーリンク

映画騙し絵の牙出演キャスト監督は?

映画「騙し絵の牙」の出演キャストは、大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市などで、吉田大八監督です。

大泉洋さんは、1973年4月3日生れ、北海道江別市出身、CREATIVE OFFICE CUE、アミューズ所属の俳優です。北海学園大学経済学部卒業です。父親・恒彦さんと母親・正子さんは教師、兄・潤さん(7歳年上)の4人家族でした。北海学園大学において、演劇研究会で活動しました。

大泉洋さんは、1996年に、HTB北海道テレビの深夜番組「水曜どうでしょう」に出演し、タレント活動を活発に行いました。2003年に「river」で映画初主演し、2004年に本格的に東京進出しました。2005年にフジテレビ系ドラマ「救命病棟24時」で全国ネットの連続テレビドラマに初主演しました。2009年5月2日、フジテレビドラマプロデューサー中島久美子と結婚しました。

松岡茉優(まつおか まゆ)さんは、1955年2月16日生れ、東京都出身、ヒラタインターナショナル所属の女優です。8歳のときに、3歳の妹・松岡日菜がスカウトされ、事務所へ付いて行って、ヒラタオフィスに入所しました。中学生の時に、2008年にテレビ東京「おはスタ」に出演しました。

松岡茉優さんは、2013年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演しました。2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」に出演しました。2017年に、映画「勝手にふるえてろ」に映画初出演しました。2018年に、映画「万引き家族」に出演し、同作品が、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞しました。2019年に、第42回日本アカデミー賞において、優秀女優賞、優秀助演女優賞を受賞しました。

佐藤浩市さんは、1960年12月10日生れ、東京都新宿区出身、テアトル・ド・ボッシュ所属の俳優です。父親は、俳優の三国連太郎さんです。幼少時から、東映東京撮影所や日活調布撮影所に出入りし、映画俳優を目指しました。多摩芸術学園映画学科中退です。1980年に、同校在学中、NHK「続・続事件」でデビューしました。

佐藤浩市さんは、1986年にモデル女性と結婚し、子供が一人いました。1989年に、女優・手塚理美さんとの不倫が原因で離婚しました。1993年に、元舞台俳優・広田亜矢子さんと再婚しました。子供は、寛一郎(かんいちろう)さんで、2017年に映画「心が叫びたがってるんだ」で俳優デビューしました。

吉田大八監督は、1963年10月2日生れ、鹿児島県出身の映画監督、CMディレクターです。早稲田大学第一文学部卒業です。1987年に、CM製作会社・ティー・ワイ・オーに入社し、20年間でテレビCMを数百本製作しました。2007年に、映画「腑抜けども、悲しみの愛をみせる」で、長編劇場映画初監督しました。

吉田大八監督は、2013年、映画「霧島、部活やめるってよ」で第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞他を受賞しました。

スポンサーリンク

試写会舞台挨拶は?

映画「騙し絵の牙」は豪華な製作陣のために、試写会・舞台挨拶に期待が集まっています。気になる試写会と舞台挨拶の情報を紹介します。映画「騙し絵の牙」は、公開日が3月26日(金)なので、試写会は1ヶ月くらい前から、舞台挨拶は公開当日に行われると思います。

◎「騙し絵の牙」オンライン試写会
全国の200名限定で、映画「騙し絵の牙」のオンライン試写会が、開催されます。
●シネマカフェ
https://www.cinemacafe.net/article/2021/03/05/71679.html
募集人数:60名様
応募期間:3月5日(金)~
オンライン試写会実施期間:3月19日(金)10:00~3月21日(日)23:59
●coco
https://coco.to/present/88464/1
募集人数:40名様
応募期間:3月5日(金)~
オンライン試写会実施期間:3月19日(金)10:00~3月21日(日)23:59
●Filmarks
https://filmaga.filmarks.com/articles/97105/
募集人数:100名様
応募期間:3月5日(金)~
オンライン試写会実施期間:3月22日(月)12:00~3月24日(水)23:59

応募資格、応募方法については、各サイトを参照願います。

映画「騙し絵の牙」の舞台挨拶は、公開日が近くなると、発表されると思います。

2021年3月14日に、映画「騙し絵の牙」の公開記念で、吉田大八監督と天狼院書店店主・三浦崇典さんのトークショーがあります。

まとめ

2019年10月30日から撮影された映画「騙し絵の牙」のロケ地は、埼玉県行田市でした。行田市役所近くの個人書店「忍書房」(おししょぼう)で、エキストラ100名の参加により、“本屋に行列を成す客”という設定で撮影されました。
エキストラの募集は、八重洲(書店の客・立ち飲み屋の客)、台場(トークショーの観客)、麻布(お通夜の弔問客)、多摩センター(報道陣役)で行われました。

映画「騙し絵の牙」が、大ヒットすることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました